妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

女子トイレでセックスしてイッた…

当時の私は変態でした。
表面ではえっちなことに興味のない風に振る舞っていたんですが。
中学二年ときの体育祭の日に寝坊しました。
すでに点呼は完了していて、生徒会長が選手宣誓をしていました。
できるだけ人に見られない様にわざと反対側の昇降口から入り教室に入ると、私が今年の誕生日にプレゼントしてほしいものナンバーワンが広がっていました。
制服です。
とりあえず、いや、もちろん目についた一つを手にとりトイレにかけこみました。
どうせ逝くなら女子トイレで逝きたいと思った私は、女子トイレを選びます。
初めて入る女子トイレの香りは弾けんばかりの女子生徒が自分の一番恥ずかしい部分をさらけ出すところ、のはずでした。
ところが私の童貞妄想は儚くも散りました。
とてもうんこくさい。
少なくとも私よりくさい。
臭いの元を探るべく一番臭い扉を開けると、ありました。
女子中学生が可憐な菊の穴から捻りだした一片の茶色い分身が。
小学生ではないんだから流せよと思い、バーに手をかけた瞬間ふと思いました。
このまま流すのはもったいないのではと。
嘘です。
続けます。
少なくとも私より臭い。
体育祭で生徒はみんな目下の校庭にいるものと、たかをくくっていたのですが誰かトイレにいるようです。
息を荒くして入ってきた私に臭いの主は気づいてしまいました。
しかし臭いの主はなおも便意が治まらない様子でした。
変態の私がそんなチャンスを見過ごすわけも無く、制服を脇にかかえたまま隣のトイレに入りました。
そして必死に息を殺し、彼女の排便を凝視します。
左手には制服。
右手にはナニと非常に情けない格好でした。
至福のときは有無も言わさず通り過ぎ、彼女は水を流してトイレを去りました。
彼女が立ち去るのを確認後、事を終えた私は手についた精子を流しに洗面台へと向かいます。
不覚でした。
トイレに入るも物音ひとつ勃てずにいたことが原因です。
しかも相手はクラスでも苦手な男勝りのY美。
一瞬、死を覚悟しました。
蹴りでも一発決められるのかと思いきや、彼女は走って廊下を去りました。
茫然自失した私ですが、制服と精子を抱えて追うわけにもいきません。
とりあえず手を荒い、制服を元の場所に返しました。
逃げるしかないと思った私は昇降口に向かいますが、教員に見つかります。
そして無理矢理着替えさせられ、校庭に向かわされます。
顔色が真っ青であったのに、よくも連れて行かれたものです。
体育祭ではちょうど学年別リレーの予選が始まったところでした。
クラスの男女から三名ずつ選出され、争うものです。
Y美はクラスの応援団長だったのですが、予想外にもいつものテンションで応援していました。
私も何食わぬ顔でその輪の中に入り、応援します。
ただただ時が過ぎるのを惜しむように。
リレー予選終了をピストルが告げ、私のクラスは歓喜の渦の中にありました。
予選一位通過です。
これからどうするかも考えつかなかった私はその場をそそくさと離れました。
Y美は依然に女子たちとハイタッチをしてはしゃいでいます。
そして私は自分の出番まで違うクラスのテントで過ごしました。
「障害物リレーに参加する選手は、本部前に集合してください。」
飾り気の無い点呼が入ります。
私は重い足を引きずり出かけました。
自分のクラスの配置につくと、いました。
Y美。
しかしその場では彼女に声もかけられることなく本番が始まります。
私はお神輿の上、Y美は二人三脚でした。
あっという間に出番は過ぎ、アンカーのY美のペアにたすきが渡ります。
その様子をぼーっと眺めていた私ですが、あるものに目を奪われました。
Y美の胸です。
彼女が一生懸命走れば走るほどそれは上下に激しく動きます。
普段男勝りな彼女に女を感じることは無かったので気づかなかったのですが、後で本人から聞くと中学生にしてEだったそうです。
股間に血液の点呼が始まったようです。
体操着だったので勃起を隠すのは大変でした。
そして滑り込むようにトイレに逃げ込み、初めてY美をオカズにしました。
すぐに射精してしまったので、素早く元に戻ると走り終えたY美がいました。
いつもの男勝りなY美です。
同時に私は何か虚脱感のようなものに襲われました。
言うまでも無い後悔です。
結局その日は何も無く、私は帰路につきました。
家に帰り、自分の部屋で今日一日の出来事をぼーっと思い返していました。
夜の8時頃でしょうか。
電話が鳴り、母が出ました。
「ただの包茎のようだ、クラスのA坂さんっていう女の子から電話よ」
私は動揺しましたが、平静を装って受話器を受け取りました。
Y美「剥けていない君?」
私「・・・・・・・なに?」
動揺を隠すため、ぶっきらぼうに応えました。
Y美も気を遣ってか君づけです。
Y美「・・・・・・・・・・・・」
私「今夕飯食っているところだし、急ぎじゃないなら明日にしてほしい」
Y美「・・・・・・わかった。じゃあね。」
当時は本当に我ながら上手く切り返せたと思いましたね。
その日は飯を食いすぐに寝ました。
翌日は授業がなく、体育祭の片付けと大掃除でした。
担任から班ごとに分担場所を割り当てられましたが、私はその場から離れ、トイレ前で時間を潰すことにしました。
つい先日の定期テストで何故か成績がとても良くて、それに喜んだ親が購入してくれたPHSをいじっていました。

3Pがこれほどの快感だとは知らず、もう普通のHが出来ないと思う程でした

出会いサイトで知り合ったAさんと…何度も体の関係を重ね、会う度お互いしてみたい内容のHをしてきましたが…私のレイプ願望&複数プレイを叶える為に一緒にサイトで相手を探し…条件に合う男性を見つけついに会う事になりました
誰かに見られながらHをしてみたりレイプのように無理矢理犯す感じを希望するBさんと、待ち合わせをして…SM部屋のあるラブホテルに行きました。
事前に打ち合わせしていた通り、Aさんは後から…で持って行ったブラウスとスカートに着替えると、早速目隠しをされ…
産婦人科にあるような椅子に寝かされると手足を固定されました。
するとAさんは私の顔を両手で固定すると強引にキスしてきて、舌をねじ込んできました。そしてブラウスのボタンを引きちぎられ…ブラをずらされると荒々しく乳首を吸われ…スカートをまくり上げられ…すでにぐっちょりと濡れた私のアソコにパンティの隙間から強引に指が入り…私は完全にレイプされてる気分で、いや…ぁ…やめ…て…と口にしながらもアソコはぐちょぐちょです。
Bさんは、こんなに濡らしやがって!と言いながらパンティを脱がすとアソコに顔を埋め…激しく舐めまわしてきました。
そして、Bさんは太く硬いおちんちんを私のアソコにこすりつけながら…
入っちゃうぞ!知らない男のちんぽが!!このちんぽで犯してやるからな!と…一気に中に入ってきました。
目隠しをされたままなので本当にレイプされてる感覚で、私は今まで味わった事のない快感と興奮に頭が変になりそうでした。
激しく奥深くまで出し入れされ…
うぅ…出そうだ…お前のいやらしい、おまんこの中に俺の…精子たっぷり出してやるからな…ほら…おまんこに欲しいだろ?!ぁぁ…出、出るぞっ!!
…と1番奥深い所で中出しされました。(ピル飲んでるので事前に了解していたので)
私は全身の力が抜け…私の中に出された感覚を痺れるように感じました。

今の若い女は大胆になったもんだな

3年前の夏のことです。
俺と彼女はたまたま平日に休みが合ったので、家から遠く離れた川に泳ぎに行ったことでした。
ほとんど周りに人がいなく、川の浅瀬で水遊びしてる女の子とそれと一緒にいる老父。そして川の中で、デブの男とデブの女が抱きついたり、いちゃついてる二人だけぐらいでした。
俺たちもさっさと草むらで水着に着替えて、川へ泳いだりしてました。
それから昼ぐらいになってからのことでした。俺と彼女で昼食食べてる時、先ほどのデブの男と女が俺たちに挨拶をしてきました。
その二人は相変わらず、いちゃつきながら昼食を食べてました。
それからの時でした。デブの男が俺たちの側に来て「一緒にスイカ割しませんか?初めは二人でするつもりだったのですが、人が多ければ楽しいかなと思いましたので。」と声かけられて、彼女が「おもしろそうだね。一緒にやりましょうよ。」と言って、スイカ割を互いのペアでやりました。
しかしあまりうまく割れなかったことで、デブの女が「ペア変えて二回戦やろうよ。」と言って、俺はそのデブの女とペアになってやりました。
デブの女が「おもいっきり回してね。」と言ったので、約30回ぐらい回してあげると、デブの女は足下がヒョロヒョロで、突然俺にもたれ掛かってきました。
その時たまたま俺の肘にデブの女の胸にあたって、なかなか弾力のある胸だなと思い、俺はそのデブの女を体を支える時、わざとデブの女の両胸をその男と彼女に見つからないように触りました。
かなり揉み応えのある胸だと思いながら、次に彼女とデブの男の順番になりました。
その時デブの男が彼女に「いっぱい回してあげる。」と言って、20回以上回してました。もちろん彼女もヒョロヒョロしてました。

義母をオナネタにしてち○こビンビン

いつも義母(妻の母親)67才をオナネタにしています。
洗濯機の中から使用済みの下着の匂いを嗅ぎながら汚れたパンティのクロッチの部分にいきり起った男根を巻き付けシゴキあげています。
今朝、義母は僕の精子がタップリ染み込んだマフラーをして出掛けました。
義母の口元に僕のザーメンがあると思うと興奮して今もちんこビンビンです。

↓SM調教/変態プレイ専門↓

パチ屋の店員とエッチ

俺は4年前、24歳の時に人生における大失敗をして、チンピラ集団の仲間になった。
そのチンピラ集団はパチンコビジネス(笑)という仕事を本気でやっていた。
内容はボス(笑)から軍資金を1マンもらい、パチンコで増やしてくる…非常に単純かつ馬鹿馬鹿しいものでも当時のパチンコは新基準になる前~直後くらいで、羽根物で楽に生活できるくらいに甘かった。
チンピラ集団の仲間になった俺だが、とあるヤクザの組に狙われていたのでグラサン&帽子で変装してダブルウイングや仮面ライダーを打っていた。
信じてもらえるかわからないが、毎日2マン~4マンくらい勝っていた負けても月にせいぜい2回くらい、それでも最大で1マンしか負けないからトータルの収支は月に50マンくらい稼げた自熊プロみたいな感じで一つのホールに朝8:30から並び、23時の閉店まで打つその、とある店での話。
その店の店員は若くて可愛い娘が非常に多かった。
その中でも一人、チンピラ集団の仲間に美人だと騒がれていた女性社員がいた。
その人がMさんだった。
自熊プロである以上は常連にならざるを得ない。
俺達は悪い意味でマークされないよう、悪いことは一切せずに店員にも他の常連にも愛想をふりまいて仲良く接していた。
Mさんも俺達には優しく笑顔で接してくれていた。
あれは大晦日の夜だった。
チンピラ集団のボスは休日なんてほとんどくれないのでパチンコ店で年越をした。
その日、いつもはカウンターにいるMさんがホールにいた。
そして俺の後ろを通った時、そっと寄ってきて耳元で
『明けましておめでとうございます』
と笑顔で挨拶してカウンターに戻っていった。
その時に恋に落ちてしまった。
美人だとは思っていたが、恋に落ちた瞬間に行動していた。
すぐにカウンターに行ってMさんに紙とボールペンを借りる。
自分の携帯番号とアドレスを書いて即座に渡した。

アクセスランキング

[18禁] エクスタシークラブ

忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR