妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャットエッチを試した結果wwww

金曜の夜、暇だったので、何年かぶりにチャットをのぞいてみた。
もちろん、エロ目的。
まあ、エロチャットをまとめてるサイト使ったりして女の子とパソコン越しででもふれあえれば良かった訳。
人気のチャットサイトなら人がいるかと思って、チャットルーム「出会い/アダルト」をのぞいたら、さすがに何人か女の子がいたわけ。
当然エロ目的としては、直接メッセージおくるわけ、「こんばんは、起きてる?」
で、「こんばんは」って、返事が返ってきた。やったと思ったのも束の間、「エクセルのマクロ使える?」って、出会いとはほど遠い質問。
パソコンのインストラクターしてる俺にとって、こういう質問には、弱い。
エロ目的なのも忘れて、「使えるよ、何が知りたいの?」とマジレスしてしまい、なんのかんのと、ボイスチャットすることになった。
相手は、かおりちゃん(仮名)、年齢は教えてくれなかったけど、二十代後半から三十代くらい。エクセルで悩んでるうちに、こんな時間になってしまったんだと。チャットルームで待機してたら、当然直メッセージがくるけど、みんな、エクセルについて聞くと、バージョンがどうとか能書きたれて、結局教えてくれなかったそう。
ボイスチャットで、エクセルについて講義すること三時間!あたりは明るくなったが、かおりちゃんの疑問は無事解決し、すっかり意気投合した。
ここまで、エロ話題なし。
ただ、俺がエロ目的で声かけたことは、話した。
かおりちゃん「どんな話するの」
俺「いま何色のパンツはいてるのとかさ」
か「色聞いてどうすんの」
俺「色が問題なのではなくて、その反応を楽しむんだ。かおりちゃんは何色のパンツはいてるんだい?」
か「オレンジ」
うは、乗ってきた!
俺「かわいい色だね。じゃあ、スリーサイズ教えてよ」
か「スリーサイズは、よくわかんない」
俺「じゃあ、おっぱいのカップはわかるでしょ。何カップ?」
か「Eだよ」
自己申告ながら、巨乳ちゃんでした、どうもごちそうさまです。
俺「おっきいおっぱいだね!じゃあ、かおりちゃんのおっぱいやわらかいんだろうね」
か「うん、柔らかいって言われた」
俺「いいねえ、かおりちゃんのやわらかいおっぱいは感じやすいの?」
か「うん、弱いの」
このあたりで愚息はびんびんです。
俺「じゃあ、ちょっとおっぱいさわってみようか。」
か「いやぁん」
俺「いいじゃない、気持ちよくなったら。いま何着てるの」
か「キャミソール一枚だけだよ」
俺「じゃあ、キャミの上から、おっぱいさわろっか」
か「いやぁ、はずかしいよ」
ここで、押し問答が続きますが、粘ったところ、「じゃあちょっとだけ」
といって、触り始めてくれました。
俺「じゃあ、人差し指で、服の上から、乳首さわってごらん。」
か「あぁん」
俺「乳首固くなってる?」
か「なってないもん」
俺「じゃあ、指で、乳首をやさしくさわってみようか」
か「いやあ、はずかしい・・・」
俺「大丈夫はずかしくないよ。かおりちゃんの感じてる声聞かせて」
か「もういいでしょ」
俺「だめだめ、これからだよ。次は服の下から、直接おっぱいさわってみようか」
か「いやぁん、だめえ」
俺「指二本で、かおりちゃんの乳輪のふちをなぞるようにやさしくさわってごらん。乳首はさわっちゃだめだよ」
か「うん、あぁ、あぁん、だめえ」
素直な良い子です。
そこから、スイッチが入ってしまったようで、乳輪をなぞりながら、可愛い声であえいでくれました。
俺「良い子だね、とっても可愛いよ。自分でおっぱいじらしながら、感じちゃうんだね。」
か「いやぁん、はずかしい」
俺「よく我慢したから、乳首さわっていいよ」
か「あぁん、きもちいい」
もう、のりのりです
俺「乳首つまんで、こりこりしてごらん」
か「いやぁ、だめぇ」
恥じらいながら、すっかり甘えた声で、喘いでくれました。
このままイッてくれそうです
俺「ほら、イクときは教えて、一緒にイこうよ」
か「うん、あぁん、もう、もう、だめ、あぁん、」
はい、自分でおっぱいいじりながらイッてくれました!
かおりちゃんの可愛い喘ぎ声を聞きながら、こちらも同時にフィニッシュ!いつになくドクドク出ちゃいました。
かおりちゃんは、息が上気しているのがうかがえます
か「はぁん、すごく、すごく感じちゃった」
俺「すごく良かったよ。」
テレフォンセックスって、結構感じちゃうもんなんですよね。
大満足でした。
すっかり昼間になっていたので、かおりちゃんとは再会を約して、(「おっぱいの感度はしっかり確認出来たから、次は大事なところを確認しようね」という約束です。)さよならです。
過激なエロ体験談
関連記事
  
28.2013

Post comment

  • Name
  • Title
  • Mail address
  • Website
  • Password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。