妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさか!

私は32歳の平凡な主婦です。

実の母親を引き取って三人暮らしでした。

結婚して五年になりますが、何故か子供に恵まれません。

主人は38歳の働き盛りですがセックスの方も男盛りと言うのか週に二回は求めてきます。

平凡ながら三人仲良く生活していました。

昨年の秋に東京への転勤辞令が出たのです。

母を抱えている都合上、単身赴任で経過しておりました。

月に一度は会社の経費で帰宅できるように配慮していただいております。

週に二回が月に一度になってしまったんです。

帰宅した時は母は気を利かせて二人の時間を出来るだけ長く取れるようにしてくれます。

単身赴任が三ヶ月も過ぎてくると男盛りの主人は我慢できるのだろうか、浮気はしていないだろうかと少し心配になりました。

私自身も我慢が出来なくて深夜にこっそりオナニーをするようになったのです。
そんなある日、デパートにショッピングに行きました。

ボーイフレンドがいるわけでもないのに少しセクシーなブラとショーツをつけて何故かハイテンションでした。

主人にネクタイを送ってあげようと思い似合いそうなものを選んでいたんです。




ご自分のネクタイを物色していた40半ばの男性が話し掛けてきました。

髪型、服装を見ても中間管理職のサラリーマンと直ぐ分かりました。

言葉使いも丁寧で感じのいい男性でした。

相手の男性のネクタイを見立ててあげ、こちらのネクタイの選択にアドバイスしていただきお互いの買い物が終わったのですが、何となく連れ立って喫茶店に入りました。

喫茶店では当り障りの無い話でしたが随分打ち解けた気持になりました。

喫茶店を出て少し散歩を付き合って欲しいとの申し出に、久し振りに男性と連れ立っての散歩にウキウキした気分でした。

人通りの少ないラブホテル街に・・・・・・。

極自然にすっとラブホに入られたんです。

私は少し躊躇しましたが、催眠術を掛けられたように後を追いかけるようにして入ってしまったんです。

部屋に入るなり抱きしめられてキスをされました。

最初は挨拶程度の軽いキスだったのですが、、、当然エスカレートして濃厚なキスに。

キスしながら巧みに服を脱がされ下着姿にされました。

いつの間にか私も相手の股間をまさぐっていたんです。

散歩の後で少し汗ばんでいたのでお風呂に入りたかったのですが男性の欲望のままに身体中を愛撫され舐められました。

男性の触る所触る所が火傷をしたように熱くなり知らず知らずの内に喘ぎ声を洩らしていたようです。

ブラを剥ぎ取られショーツを脱がされ、、、、あそこはもう充分に受け入れ態勢でした。

それでも入って来るときには、、、うっとうめきました。

人前では言えない言葉を囁かれ言わされして、腰は私から押し付けるように使い少しでも離れたくないかの様に脚を男性の身体にロックしていました。

正上位、騎乗位、バック・・・・色んな体位をとらされ涙を流しながら喘ぎ続けていました。

射精した後も私の髪を撫ぜたり抱きしめたりしてくれました。

お風呂では手の平にソープをたっぷりつけて身体の隅々まで洗ってくれました。

私もお返しで同じようにして洗ってあげたのですが・・・・またコチコチになったんです。

浴槽の中で背面騎乗位で挿入されました。

お湯の中だと愛液が流れ出して軋むと思ったのですが何の問題もありませんでした。

少し前までは全く見ず知らずだった二人がこうしてセックスしているなんて信じられませんでした。

まさか私が行きずりのセックスをするなんて・・・・・。

たった一度の浮気でしたが大満足です。

死ぬまで私の秘密にするつもりです。
過激なエロ体験談
関連記事
  
01.2014

Post comment

  • Name
  • Title
  • Mail address
  • Website
  • Password
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。