妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の息子はマネージャー各自の彼氏とのチンポ比べが行なわれた

工房の頃、 サッカー部の夏合宿で学校の合宿場に泊まっていた。

その合宿場は俺等の高校と、もう一つの高校で合同で合宿していた。

日中の部活も終わり、晩飯を食べる時、マネージャーが洗濯物の量が多すぎて、手伝って欲しいと要請がきた。


結局俺はジャンケンに負けて手伝う事になった。

丁度三年生が引退したばかりでマネージャーの人数が足りなくて…と言われた。

マネージャーは
二年2人だけ
一年のマネージャーは夕食の支度にまわっていた。

仕方ないな…
そう思って手伝った。


終わった頃にはメシも食べ終え、風呂も入った他の部員は部屋で雑談したりお菓子を食べたりしている。


ため息をつきながら一人食堂に向かうとマネージャーが待ってくれていた。


「ごめんね、○○(俺の名前)。一緒に食べよっ!」

とマネージャー2人が待っていてくれた。
一年のマネージャー4人も待っていてくれた。


「先輩、ご苦労さまでした!影で頑張るってカッコいいですよ!」
別にやりたくて洗濯してたわけじゃねーよ。

なんて思いながらも、「ありがと、じゃあ食べよっか。」

「いただきまーす!」
「先輩、これ私が作ったんですよ!」
「お腹壊したりして」
「あー!そんな事言うなら食べないで下さい!」
「ウソウソ。
あ、おいしー!(ナイナイの岡村の真似)」
「アハハハハ!」

普段、女にモテるタイプじゃないし、こうやってマネージャーとはいえ、女の子とゆっくり話せるだけでも俺は嬉しかった。
食事中、くだらない事ばかり話したが、やはり面白かった。

「ごちそーさまでした。」

「○○、お風呂入りなよ!××(風呂の名前がついてたけど忘れました)の方使ってね。」

「私たちは△△の方使うから。覗いちゃだめだよ!」
「お前等みたいなガキの体なんてみたくねーよ」
「ふーん!脱いだらすごいんだからね!」
「あっそ」

なんて軽々しく答えたけど、チクショー、のぞきてー、と思った。

でも幸運にも一年からレギュラーにさせてもらってるのに、退部はごめんだ、あきらめよう と思って着替えを取りに行って、一人で言われた方の風呂に行きました。


当たり前ですが、誰もいません。

一人でデカい風呂を独り占め出来るのも悪くないな、と思って風呂の中に入って行きました。

入って少したった時に、誰かが入ってきた。

え?
顧問の先生かな?とおもった。

「○○ー!いる?」
ぐわっ!マネージャーだ。
何でだ!?わけがわからない。

「はっ!?な、何!?」
「あのさー…」
次の言葉までの間に何人かの女の子でコソコソ話しているのがわかった。
一人じゃない!
何故かヤバい!と思った。
これから何が行なわれるのか。
ドキドキして思考回路がイカれてきてる。

「あのさー、
……私たちも一緒に入ってもいいかなー?」
えーーーー!?

じつはねぇ・・私、男の人をいかしちゃうの得意なんだ

実体験ですが、小説風に書いてみました。

田中良平・・・私立川亜理紗・・・同僚分かっているとは思いますが、仮名です。

多少の脚色はありますが、実体験を元にしています。

とりあえず途中まで載せてみます。

面白くなかったら言って下さい。
止めますので。

「田中さん、今日よろしいですか?」と同じ会社の設計課に勤務する立川亜理紗が声をかけてきた。

「えっ?何が?」突然の質問に意味が分からず、良平は思わず聞き返した。

「あの時の約束ですよ。
まさかお忘れなんじゃないでしょうねぇ?」
「あ、ああ・・。
えっ、本気だったの!?」
「当たり前でしょ。私はウソはつかないの!」
「じゃあ他の人に見られるとまずいから、私は先に出てるわね。ふふっ、逃げちゃダメよ。」
亜理紗は微笑みながらそう言うと、さっさと帰り支度を始めた。

田中良平は設計会社に勤務する会社員だ。

既に結婚して2才になる娘もいる。
夫婦仲はどちらかと言えばいい方だろう。

夫婦とも性欲は強い方で、新婚当初は毎日のように愛し合っていたが、子供が生まれてからは週に一度あればいい方だ。

そんな良平がはまっているものが、携帯電話を利用した出会い系サイトだ。

今までに初めて会った様々な女性とセックスをしてきた。

良平の愛撫のテクニックは女性達に好評だった。

”初めて潮を吹いた”と言う女性もいた。

ある日出会い系サイトで知り合った女性楽しんだ後、自宅へ帰ろうと電車を待っていると・・・「田中さん!」亜理紗が声をかけてきた。

「見ましたよ~。うふふ・・奥さんに言っちゃおうかな~?」良平もとぼけてはみたものの、どうやらホテルから出てきたところから見ていたらしい。
「頼むよ。
今度食事奢るからさ。
女房にだけは黙っててくれよ!」
「なっ!このとーり!」
「う~ん・・・今から飲みに連れて行ってくれたら考えてみてもいいかな~?」
「しょーがねぇ~な・・・ちょっとだけだぞ」
二人共酒が入り、さっき目撃されたこともあり当然のことながらH方面の話題に・・・。
「田中さんってH上手いんだ~♪ねぇ、今度試してみようか?」
「・・・本気?」
「うん。じつはねぇ・・私、男の人をいかしちゃうの得意なんだ。今まで10分もった男いなかったよ、うふっ」

ごめん・・、なんかHな気分になっちゃった

二十歳の夏に、東京に出てきてる中学の同級生だけで、
プチ同窓会をやった。

男女合わせて15人くらいだし、学年が同じってゆうだけで、しゃべったこともない奴もいたから、盛り上がりには欠けてた。

店を出た後、2次会をどうするかみんなで話していたが、どうせ2次会も盛り上がらないと思った俺は、密かにみんなから離れて駅に向かった。

切符を買って振り返ると、ゆかり(仮名)がとなりの券売機に並んでた。
ゆかりとは2年の時に同じクラスだったが、あまり仲良くなかったこともあって、同窓会でも全然会話はしなかったのだが、
一応声をかけた。

「帰るの?」
「うん。明日予定があるから」
「何処で降りるの?」
「〇〇〇〇駅」
「へー、結構近いね。俺、〇〇〇〇駅」
「そうなんだーでも私、駅から結構遠くて大変なんだ」
「駅からどうやって帰るの?」
「今の時間だと、バスがあるかも。無かったらタクシーだけど。」
「えっ、マジで?車で送ってあげようか?駅に車止めてあるから」
「ほんと?それだと助かるけど・・。」
「別にいいよ、近いし。」
「じゃあ、お願いします」

そんなことでゆかりを送ることになったが、
そのときは特に下心もなく、普通に家まで送り
電話番号を交換して別れた。

床を掃いていた女子のお尻にさりげなく股間を押しつけました

僕の精通は自慰や夢精ではなく、他人の手によって導かれたものでした
中1の時、クラスにK子という女の子がいたのですが、僕は彼女とよく猥談をしていました
猥談といっても中学生のするものだから「AがキスでBはペッティングで」という程度のものです
ところが、3学期になると内容がエスカレートし、K子に未使用の生理ナプキンや両親の寝室からくすねてきたコンドームを見せてもらったり、僕が勃起した時にK子にはズボンの上からおちんちんを触らせたりするようになりました

 ある日、掃除の最中におちんちんを勃起させてしまった僕は、床を掃いていたK子にさりげなく股間を押しつけました
K子もジャージの上(掃除の時は男女ともジャージに着替えていた)からおちんちんを撫で、いつもならそこで意味ありげな笑みを交わして終わるはずでした

 ところが、その時は2人で目をあわせると、どちらが誘うともなく教室のベランダに出てしまいました
当時は隣に物置として使われていた空き教室があり、廊下側の扉は施錠されていたものの、ベランダ側の鍵が壊れた窓から出入りできるようになっていました
K子と僕はその空き教室に忍び込んだのです

エッチなこと考えてたんだ~やらし~やっぱり男の子ってやらしいんだね~。

ありがとうございます

今から15年以上前の話。

言葉の一つ一つまでは覚えていないので正確ではないところもありますが、
それはご勘弁を。

当時大学1年の俺は飲食店でバイトをしていた。

同僚のK美は同い年の短大生。

サッパリした性格で好感を持ってはいたが、恋愛対象ではなかった。

身長155センチほど、やや痩せた華奢な感じのする女の子だった。

K美には高校時代から付き合っている彼氏がいて、
その彼氏はバイト先に迎えに来ることもあり、
俺も何度か話をしたことがある、中々の好青年。

K美と俺はウマが合い、バイト中にバカな話をよくしていて、
彼氏の悪口なども聞かされていた。
そのときにはノロケとして聞いていたのだが。

当時俺には彼女がいなかったことから
「Eくん(俺のこと)に彼女ができたら浮気しようね。」 とよく言われていた。
もちろん冗談だと思っていた。

そんな俺にも大学1年の終わり頃に高校時代の後輩で俺と同じ大学に合格した彼女ができた。

K美に報告すると、「よかったねー。どこで知り合ったの?何歳?なんて名前?」
などと矢継ぎ早に聞いてきたが、俺は照れくささもあり適当に流しておいた。

その日、先にバイトを上がったK美が帰り際にカウンターでグラス整理をしている俺のところに来て
「Eくんに彼女ができたときの約束だよ。浮気しようね。」 と言って帰っていった。




[究極]当サイトでは提供できない生動画

究極の動画って何を思い浮かべる?
変態的なプレイ?美女の過激なあえぎ?ピストンのたびに揺れる美乳?
結局行き着く先は素人系だけど…「素人ものって言ったって結局AV女優が出てるだけジャン」って醒めてる男もいると思う。
じゃあ、これはどう?

『素人女が自分の命令通りにHなことをしてくれる生動画』

[生放送中]素人女の生オナニー

みんな大好き生放送!!
ライブチャットやツーショットサイトなら音声・動画でオナニーがいつでも生放送中!!

アクセスランキング

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。