妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

寝たふりをしていると割れ目がある場所の上をなぞって豆のあたりに刺激がきました

温泉旅行で一緒にいった従弟(小6)に覗かれました。
その時は気付かない振りをして流してたんですが、どうもそれで癖になっちゃったかなんだか、その後覗きが頻繁に・・・。

見られるのは嫌いじゃないんだけど、あのエロガキほっといていいものでしょうか。
なんか犯罪に走ったりしないかな・・・

ちなみに件の従弟は私と9歳差くらい。
元々うちが近いんで(自転車圏内)遊びいったり来たりってのは前から頻繁なんですけど、温泉旅行以来あからさまにエロ行動が増えてきたんですよねー。
私が寝た振りしてると触ってきたりとか。
おーいかなり微妙なところ触られてるよオイって感じ。
ぶっちゃけ年下好きだし、結構可愛いと思うしいいんだけどさwいっそ食ってやろうか(笑)
小6ってと多分もう一人では済ませてますよね?むしろ学校とかで妙な行動に走らんかと心配で。

えーと、まず従弟の話から。
私は大学に上がった時に関東に出てきまして、ご飯めんどくさかったら食べにきていいよーっていう言葉に釣られて叔父のうちの近くに引っ越してきました。
それ以前から、父と叔父(母方)の仲がいいので行き来は結構あったのですが、私が越してきてから叔父一家とは半分家族みたいな付き合いでした。
叔父一家の家族構成は、父母に兄弟の4人。
この弟が、件の従弟です。
兄弟の歳が随分離れてて、兄が受験生だったから6歳違いだったかな?この兄の方は実はかなーり私好みの顔をしてまして(残念ながら彼女もちですが)、弟の方も割と将来的にはいい感じになりそうな予感です。
この兄弟とは、子供の頃から仲良くしていまして、私は弟の方はりょうちゃんとかりょー坊と呼んでいます。
最近ちょっと反抗期気味だけど、基本的に素直で大人しい子です。
ちなみに私は、大体めぐ姉と呼ばれています。

で、この前兄の方の推薦受験が終わりまして、お祝いもかねて家族で温泉にいこうという話になりまして、私も誘われました。

行った先は群馬の猿ヶ京温泉ってところです。
旅行は普通に楽しかったですけど、これは今回の話と関係ないんで割愛します。
二日目の昼過ぎ、近くにある民芸村みたいな所に、叔父夫婦が遊びにいきました。
従兄の方はついていったんですが、私は前日湖の周囲を歩き回って疲れていたのでパス。
りょー坊は、「ねむいからーーーー」と言ってやっぱりパスしていました。

従妹の処女を奪い眠りに就くまで二人でキスしながらイチャイチャしてました

6年前に従妹の処女を頂きました。
懐かしいな…。
文才がなく初心者なので連続の書き方がよくわからないのですが希望があれば詳細を書きます
209さん、有難う御座います。
長くなりますがよろしくです。
毎年、母親の実家に遊びに行ってます。
従妹は高校受験に失敗して名古屋に働きに行ってて何年か振りに会いました。
若い頃は仲が悪かったけど、その時は家に同年代は俺しかいなくて『兄さん遊ぼうよ』となついて?来てました。

買い物に出向けば必ずついてきて、従妹から腕を絡めてきたりして次第に今まで以上に仲良くなりました。
当時従妹は16でしたが、夜になれば隠れて酒を飲み明かし、眠くなったらその場で雑魚寝したりしてました。
飲んでる時に従妹が彼氏との悩みを相談して来ました。
従妹は処女でしたが彼氏は『処女は面倒臭い』みたいな事を言ったらしいのです。

どうやら彼氏に自分が処女であることを言い出せないみたいで、かなり気にしている様子。
俺は普段は小心者だけど酔いも手伝って
俺『何なら俺としてみる?』
従妹『冗談言って~。でも兄さんならいいかな?』
俺『本当に俺でいいの?』
従妹『…』(顔を赤らめ頷く)
翌日、ドライブに行く約束をしてその日は寝ました

3Pで窮屈で気持良いよッ!とア○ルとアソコを皮一枚隔てて犯される彼女

僕は24歳のフリーターですが、今同じ歳の彼女がいます。
彼女は今まで僕としか付き合った事がなく、もちろんHも僕が初めての相手でした。
でも決してブスではありません。
性格がとても真面目で男性に対して物凄くオクテだっただけです。
顔はグラビアアイドルの酒井若菜にそっくりです。
僕の友達も密かに思いを寄せている奴が何人かいます。
そんな彼女なのでHもノーマルなものしかしたことがありません。
変な事を要求して嫌われでもしたら大変なので・・・。
でも僕の中では、一人占めしたいという気持ちの他に、僕以外の人に抱かれたらどうなるのか見てみたいというイケナイ欲求もありました。
この前、思いきってその事を僕の旧友に告げました。
すると「俺に任せろ。」というのです。
彼(T)は彼女と面識が無かったので(彼は中学の時の友人で現在仕事で僕の地元から出ていった)今回限りの何かが期待できるかもと思ったのです。
絶対に無理やりな事はしない事と、彼女の気持ちを優先させる事を約束に彼を呼ぶことにしました。

とりあえず週末に彼女が僕の家に泊まりに来るよう約束を取りました。
彼女が家に着いてから昔の友人が急に遊びに着た事を告げたのですが人見知りが激しいためそれなら帰ると言い出しました。
Tが行くところはもう夜遅いのでないのだと彼女(S)に言い聞かせなんとか家に入れました。
最初の30分ほどを3人で過ごしたあと、Tが「長旅で疲れたから先に寝る」と言いました。
Tを隣の部屋へ案内し(Tにはこちらの部屋の様子を伺いながらスタンバイしてもらいました。)僕とSと二人だけになりました。
やっと二人になれたとの思いでSも甘えてきたのです。
徐々にHモードに入りました。
最初は「T君がいるからここまでにして・・・。」とか言ってましたが、「大丈夫。隣には絶対に聞こえないから・・・。
Tも疲れてぐっすり寝てたよ。」と嘘をついて愛撫を続けました(実際は隣の壁は薄くて話し声も聞こえています)。

「な・・・なかは・・・だめ・・」 アンタがアヘアヘ言ってたら仕置きにならないんだよ!

俺が高坊だったころ、チームの先輩達に誘われて溜まり場の廃ビルの地下1Fにある元事務所らしき部屋に行った。
そこには、付き合いのある別のチーム(女)のメンバーがいた。
なにが始まるのか先輩に聞いたが、面白いことが始まるとだけしか教えてくれなかった。

そのチームのリーダーのA子の前に二人の女が呼び出された。
T美とK子だった。
T美はそのチームの中でかなりかわいくて、狙ってるヤツはいっぱいいたが、特定のヤツと付き合っているという話はなぜかなかった。
T美は特攻にありがちな化粧もしてなくて、チームの中で、ゴマキ的な雰囲気がある娘だった。
A子の前に二人が立たされたあと、A子がチームメンバーに向かって言った。
「これから、罰と卒業式を行う。罰はK子。卒業するヤツはT美だ」K子がビクっとなった。

「まず、K子だ」とA子が言った。
K子はチームのカチコミの時、参加しなかったということで、逃亡とみなして罰を与えるということだった。


「私の口の中に出して~ 飲んであげるから早く」口に咥えてるペニスを喉の奥まで吸い込みながら激しくイッていた

ひよんな事から男3(友達3人)対女2(私と友達)の経験をしました。

小学校の頃から仲がよくて高校は別々になった人もいたけどよくよく遊んでいた仲間同士でした。

仕事についてから中々全員が一緒に集まることは無かったけど、先日金曜日に集まり5人でカラオケに行きお酒を飲み、過ごしました。
そのうち終電も無くなり、結局は近くに1人で住んでいた私の部屋に全員泊まる事になりました。
部屋に帰っても懐かしさでお酒を飲みながらの昔話で盛り上がり、次第に一人寝、二人寝と一人住まいの1Kの狭い部屋に寄せ合うようにごろ寝でした。
私とミー子は向き合って真中に寝て、周りには男の子達が私達を囲むみたいに寝てました。
異変に気が付いたのは眠りに入って30分もしない頃でした。

向き合っているミー子は酔って具合が悪くて寝苦しいのか「うーん」と時々声を漏らしながら身体を身震いさせたり、寝返りしたりしていました。
大丈夫かなと心配になったんだけど、暗かったけどミー子の様子を見たら自分の手を服の中に入れて胸を掴んでるのが見えたんです。
私はミー子は酔ってしまって、皆がいるのに無意識でオナニーしてると勘違いして、止めさせようしたんです。
すると横向きになってるのに片足を少し浮かせる感じの姿勢をしていて、下半身の方を見るとスカートの裾の方にピンクの下着が膝に引っかかっている感じのものが見ました。
目を凝らしてみると誰かに後ろから股の真中を触られている様子でした。
スカートはめくられお尻は丸出しの状態で、隣に寝ていた聡君が触っている様子でしたが、後ろ向きで手だけがミー子の股の間に入っていて、その手を忙しく動かしてました。

ミー子も悪戯で触られてる様子ではなく快感を受け入れる様子で味わってる感じ始めてました。
いくら親友でも目の前で感じてるのを見るのは初めてだったので少し興奮気味で気付かれないに見ていたんです。
そのうち私の後ろで寝ていた健史君もミー子の異変に気が付いてきた感じで、寝返りを何度か打つ振りしながら背中に身体を密着させてきました。
そしておどおどした手つきで私のお尻を触っては放したりを繰り返しました。
私も、ミー子の乱れた様子を見て興奮してる、なんて思われたくなかったので寝てる振りして、身動きもしないようにしてたんです。
すると健史君は私が触られてるのを気が付かないと思ってだんだん大胆になり始めました。
私も興奮と触られるのについお尻を後ろに押し出してしまい、触られるのを嫌がらない様子をしてしまったんですが、すると今度は直接下着の中に手を入れられ触られ始め、あっと言うまに下着は剥ぎ取られてしまいました。

アクセスランキング

[18禁] エクスタシークラブ

忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR