妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

両方のパイオツをなめしゃぶり

去年の夏、俺の彼女だった真理がチェリー坊どもに思う存分突ききられた話です。
真理は学生時代のサークルの後輩で、年は3つ下。今年で24歳(やられた時は23歳)です。
俺が4年生の時に新人で入ってきたのですが、男どもの争奪戦のはて、俺が付き合う栄冠を勝ち取りました。
身長は159センチ、スリーサイズは91(Eカップ)-61-92、で今思い出してもよだれが出るほどのダイナマイトボディでした。
付き合い始めて4年間、全て順調でした。あの日がくるまでは。
真理が就職して1年目の夏。二人で千葉まで1泊の予定でドライブに行きました。
ドイツ村で遊んだりバーベキューを食べたりした後、予約してあった勝浦の旅館に着いたのが夜7時。ところが、予約してあったはずの旅館が、どうした手違いか予約がされておらず、仕方なく他の宿を探すことになったのです。
これが悪夢の始まりでした。
今思えば適当なラブホを探して入れば良かったものを、勝浦で魚が食べたいという間抜けな根性を出して、旅館を探しました。当然ながらあまり良いところもなく、夜も遅くなったので、とある和風旅館にチェックインしたのでした。
この旅館は値段も安いせいか、東京の高校の柔道部が合宿にきていたのです。
車でついた時にマイクロバスが止まっていたので、その時点で気づくべきでしたが。。。
食事も満足なものではなかったのですが、幸せいっぱいの気分でビールや日本酒を飲んで二人とも相当酔っ払っていました。
食事の後、二人で風呂に行きました。あいにく家族風呂もなかったのですが、露天風呂があるとのことで、二人別々に男湯と女湯に入りました。30分後に部屋でと約束をして。
それが2時間後に、チェリー坊どもに思い切りストロークされた状態で会うことになろうとは、この時思いもしませんでした。

精液でヌルヌルになった彼女の手

大学の先輩にしてもらった。オレは19、彼女は25の大学院生。 同じ学部
学科専攻だったのだが、1年生と院生はあまり接点が無いとのことで、
お近づきの飲み会をすることになった。 その時オレの隣に座ったのが彼女だった。
髪はショート、身長はオレより少し高い(オレは165しかない…)。
男っぽい性格で、それが災いしてか今のところ彼氏はいないらしい。
酒もかなり強いらしく、泡盛を(大学絞られるな…)ロックで飲みまくる。
オレはあまり酒を飲めない体質なのだが、女に負けるのがいやで、同じペースで飲みまくった。

飲み会が終わり、皆は2次会に向かっている。
オレは泥酔してほとんど意識が無く、2次会は遠慮することにした。
すると彼女が「私も遠慮します。
この子を送り届けますね。」といってオレとタクシーに乗り込んだ。
車の揺れでさらに気分を悪くしたオレは、吐き気をもよおしそのまま吐いてしまった。
「大丈夫?私の家の方が近いから、一度休んで行こうか?」運転手に平謝りしながら、 彼女のアパートの前でおろしてもらった。

玄関先で倒れこんでいると、「さ、これに着替えな。」といってジャージを渡してくれた。 確かにオレの服はゲロだらけ。
しかしオレは自分で着替える気力は無い。
「面倒だ。このまま寝かせてくれ。」というと、
「しかたないね。」と言いながらオレの上着を脱がし始めた。

オレは薄っすら意識はあったが、彼女に甘えてみることにした。
オレは上半身裸の状態にされ、ソファーの近くまで引きずられ、そこに座らせられた。
彼女は着替えを手にしてオレの前に座っている。しかし、なぜかそれをオレに着せようとしない。
じっとオレを眺めている。
そして顔を近づけてきた。オレの胸に。 オレの乳首に軽くキスをして、しばらく動きを止めた。
おそらくオレが起きて反応しているか確認したのだろう。オレが目を閉じて寝たふりをしていると、さらに激しく乳首を吸い始めた。舌先で転がしたり、軽くかんだり、左を舐めながら、右を指で刺激したり、とにかく気持ちいい。
自然と下半身が固くなり、ズボンが苦しくなってきた。

止められると嫌だけど、かなり苦しくなってきた。 寝返りを打つふりをしながら彼女に背を向け、ソファーに顔を埋めた。
「起きた?」彼女はオレの顔を覗き込みながら言った。
その間も乳首をつまんだりしている。 これ以上寝たふりする理由も無いので「うん。起きた。でも続けてくれます?」とたずねた。 「うん。下も大きくなってるんでしょ?」と彼女は答え、ズボンを脱がそうとしてくれた。
しかし、大きくなったペニスがズボンに引っかかり、スムーズに脱げない。 もどかしく思ったオレは自分でズボンを脱いだ。
「なんだ、して欲しいんだ(笑)」と言いながらオレのパンツを下ろし、ペニスの尿道部分に指を当てた。
彼女が指を離すと、少し先走っていたのだろう、糸を引くように粘着いていた。
彼女は再び乳首を舐めながら、それに加えて今度はペニスをしごき始めた。

ザーメンは容器にも入りましたが看護婦の手や、診察台にも飛びました

以前彼女に
「いくら中出ししても妊娠しないのは精子が薄いから」
と言われて、精子の検査に行きました
自宅から精子を持ってくるか、ここで採取するか聞かれて
ここでお願いしますと答えると、看護婦に別室に案内されました
そこには何冊かのエロ本が置いてあり
精子を入れる容器を渡され、終わったら呼んで下さいと言われた

イスに腰掛け、エロ本に目を通しましたが
結構ソフト系の雑誌でどれを見ても勃起しませんでした
ふにゃふにゃのペニスを触りながら
色々想像したやりましたが全然ダメでした
まぁ場所柄、緊張してたのもありましたが・・・

30分ぐらいした頃、コンコンとノックして
看護婦が様子を見に来ました
驚いてペニスを隠したのですが、看護婦は気にもせずに
「どうですか?うまくとれました?」と聞いてきました
私は「ちょっと無理みたいですねぇ・・・」
「今度家から持って来る事にします」と答えました
すると看護婦が「肛門から前立腺を刺激しましょうか?」

あぁっ!・・イクイクイクッ!・・グゥッ・・イクゥゥゥゥッ!!!

私が高校2年生の頃です。
東京に引っ越してしまった私の親友の家へ、夏休みを利用して遊びに行った時長距離バスを利用したのです。
東京で遊ぶお金を残しておきたかったので、ちょっと時間がかかって嫌だったんですけど、長距離バスを選んだのです。
広島駅を夜の7時頃に出発するバスでした。
出発場所に着くと、もうすでに何人かが待っていて、私はその列の最後尾に並びました。

しばらくして、ただ待っているのが退屈になり、出発時間までまだ余裕があったので、近くのコンビニにジュースを買いに行きました。
そのコンビニで、ジュースを選んでいると、ふいに後ろから誰かが話しかけてきたんです。
「あれぇ・・さっき東京行きのバスの列に並んでなかった?」振りかえると、大学生っぽい男の人が立っていました。
結構爽やか系で、ちょっと好みだったかも。
「あ、はい」ちょっと怪訝な顔しちゃったかもしれませんが、その人は気にもしないって感じで、明るいノリで話しかけてきました。
「東京に行くの?」「はい、友達の家に・・」「そっか、俺はあっちが実家でさ・・」どうでもいいような会話をして、どうせやることないし、暇つぶしにはいいかって思って、しばらく会話を続けました。

乗車時間になって、いよいよバスに乗り込みます。
わたしの席は一番奥の窓際の席でした。
その他の席は、3列になっていて、1つ1つの席が独立していたのですが、私の席は最後部だったためか、横いっぱいに席が繋がっていました。
わたしに話しかけてきた男の人は、バスの中央部に腰掛けたようでした。
バスが走り始めて、11時を回ったあたりで消灯時間になりました。
車内の明かりが一斉に消えて・・・暗くなってから間もなくして、わたしは眠くなり、いつのまにか眠りに就いていました。

どのくらいしてからか覚えていませんが・・なんとなく横に人の気配がしたんです。
でも眠くて目は開けませんでした。
しばらくすると・・・何か太腿に当たる感触がしました。
はじめは毛布がすれているのかなぁって思ったんですが、どうもそんな感触じゃないんです。
朦朧とした意識の中で・・・それが人の手の平だって気づいたんです。
大きな男の人の手?・・そんな感触でした。
なのに、目を開けることができなくて・・・恐怖とか、恥ずかしさとか、もしかしたら期待とかが入り混じった感じでした。
もう、かなり意識ははっきりしていたのですが、わたしは目を閉じたまま寝た振りを決め込みました。
でも、やっぱり怖い・・・止めさせるなら今しかない、そう自分に言い聞かせ、勇気を出して目を開けようとしたんです。
でも、どうしても開けられなかったんです。
相手は、わたしが熟睡していると思ったのでしょうか・・はじめは太腿の外側をさらさら触っていただけだったのですが、次第に内側に手を滑りこませてくるようになりました。

『あぁ どうしよう・・今日はスカートだし・・』彼の指は、太腿の内側から、足の付け根の方にに伸びてきます。
ゆっくりゆっくり・・・もう、ショーツのラインぎりぎりの所まで指が伸びてきました。
彼の行動はどんどんエスカレートしてきます。
今度は、閉じていた私の脚を開こうとしてきます。
ここまで寝たふりをしてしまった私は、それに抵抗もできず、彼の手の動きに素直に従うように、脚を開かされてしまいました。
電気が付いていたら、きっと私の顔が真っ赤になってるのがバレバレだったと思います。
もう心臓が飛び出しそうにバクバクいってるし、ショーツの下でわたしの恥ずかしい所が濡れているのがわかりました。

彼の手は、もっと大胆になりました。
ショーツのライン上をゆっくりと指でなぞって・・その指が、中心めがけて移動しはじめたのです。
『やだぁ・・・濡れてるのがバレちゃう・・どうしよぉ』彼の指が、ショーツの上から私の穴の入り口を円を描くようにまさぐっているの・・きっと、ショーツには恥ずかしい染みができていたはず・・穴の入り口から、指が上に移動します。
私の最も敏感な、クリトリスに向かっているんです。
『あっ、いやっ・・・そっちには行かないで・・』心の中で必死に叫ぶけど、それが声にならないの。
もう間近です・・・ショーツと指が擦れた時の振動が微妙にクリトリスに伝わってくるの・・・「うっ」思わず声が出ちゃいました。
たぶん、バスのエンジン音でかき消されたと思うけど、その自分の「うっ」っていう声を聞いて、なんだか何かが自分の中で弾けちゃった感じがしました。
彼の指は・・・とうとうクリトリスの真上にきちゃった・・爪の先でわずかにクリトリスを擦るの・・その瞬間、また私の中から、生暖かいものがジュワァって溢れてきて・・たぶん、わたしのショーツはびしょびしょに濡れていたと思います。
彼は、わたしのショーツをわざと濡らすように、穴からクリトリスの間を指で何回も往復させるんです。
溝に指を埋めながら、穴の方からエッチなお汁をクリトリスに伸ばすの。
なんとか声をこらえたけれど、息はかなり荒くなってきました。
彼の微妙なタッチがすごくじれったくて、ほんのちょっと腰を浮かせてもっと強い刺激を求めていたかもしれません。
それを察知したのか・・彼の指はさらに過激な動きをはじめました。
溝を深くえぐっていた指が、今度はショーツのラインの上に・・そして、指がショーツのラインを超えて、中に入ってきたのです。

顔中浩二の遺伝子まみれになりながらも、純子も満足そうな表情でした

大学1年生の当時、純子という女の子と付き合ってました。
違う大学のコだったんですが、大学入ってすぐのコンパで知り合いました。
お互い大学入りたてということで、テンションも上がってたんでしょう。
一目ぼれに近いかたちでしたね。
僕も純子も童貞×処女だったのですが、純子の誕生日にようやく結ばれました。
僕は一人暮らしでしたが、純子は実家暮らし。
親が結構干渉したりする家で門限も決められてました。
そんな中、青臭いながらも恋人としてたくさん記念日をつくったりして、楽しい学生生活を満喫してたと思います。
純子のイメージとしては奥菜恵さんを想像していただければ良いと思います。

そんな中、大学の友達と純子の友達を家に呼んで飲み会をしました。
週末だったので、純子も「女友達と遊ぶ」というありがちな嘘を親についてくれて0時近くまで、ウィイレしたり、コンビニのお菓子の批評をしながら飲んでました。
時間も時間で徐々に人数も減っていき、俺と純子と大学の友達の浩二が残りました。
(浩二は中田浩二をイメージしてくれれば良いと思います)お酒が入ってたからだと思いましたが、人数が少なくなると急に浩二が純子のコトを「かわいい」とか「コンパで実は狙ってた」とか言い始めました。
まぁ、顔は良いですが、アホな友達なんで、俺は軽く流してました。
純子は純子で「浩二くんカッコイイから、いい人見つかるよ〜」みたいな感じで流してました。
そんな、やりとりがチョットしつこいくらい続き、おもむろに浩二が「次の物理の試験、俺がトウジに勝ったら、純子じゃんフェラしてよ」とか言いはじめました。
一瞬ドキっとしました。
浩二は酔ってましたが、目はマジでした。
純子はあまり下ネタは好きじゃありませんでしたが、彼女もかなり飲んでたので「チョ・・・チョット、浩二くん飲みすぎなんじゃないですかぁ?」みたいな感じでなんとか返してました。

ただ、、、ただね。
俺はこの大学、実はすべり止めで第一希望落ちた結果ここにいるんですよ。
その分、大学で良い成績とってやろうという気構えで前期の理系の教科は常に成績上位を取ってました。
反面、浩二はマジ遊んでるやつで、ほぼ毎回再試験を受けてるような奴でした。
そんな余裕もあってか、俺も酒の勢い「おう、いいよ」と受けてしまいました。
純子は「勝手に決めないでよ〜」とは言ってましたが浩二が「やった、じゃあ、トウジに勝ったらフェラしてくれるんだね」と言うと、純子は「勝ったらの話ですよ!!」と言い返してました。

ちなみに、うちの物理の教授は臨時試験を行って、無理やりにでも単位を取らせようという教授で、成績上位10人を講義中に発表したりするような教授でした。
まぁ、そんな感じで臨時試験の範囲が発表され、試験当日がきました。
ただ、それまで浩二とは、何度か遊びに行きましたが、物理の試験で勝ったら純子がフェラみたいな話は全く出てなかったんで、少しドキドキしてましたがあれは、酒の席の話で、もう忘れちゃってるんだなぁと思ってました。

翌週の講義。。。
結果だけ言えば、俺10位、浩二5位。
浩二は必死でサークルの先輩から過去問もらって勉強したそうです。
正直、真っ青でした。。。
なぜなら臨時試験明け飲みを家ですでに企画してたからです。
救いと言えば、今回も俺と純子の友達呼んでの飲みなので浩二、俺、純子の3人だけになることは無いかなというくらいでした。
臨試明け飲みもちろん、浩二は上機嫌。
それまで、俺や友達に何も言わなかったくせに「実はさぁ、この前の飲み会で、トウジと純子ちゃんと約束したのよ。臨試で俺がトウジに勝ったら、純子ちゃん、俺にフェラしてくれるって」と急にみんなの前でカミングアウト。
友達は「え〜マジ!?」「浩二頑張ったもんなぁ」「純子、いいの?」みたいな感じで半信半疑でしたが、お酒とともに、みんなその話題でノリノリになっていきました。
純子も「どうしよっかなぁ〜、でも浩二くんって実は頭良かったんだねぇ」みたいな感じ・・・。
成績良いことが自慢だった俺のプライドはボロボロ。
ただ、その場は結局はネタという感じの盛り上がり方でした。

アクセスランキング

[18禁] エクスタシークラブ

忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。