妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人は果てても果ててもまたすぐにお互いを昂ぶらせ合体した

美奈はクラス、いや学年の中でも特別だった。
京人形のような雰囲気にもかかわらず、目は黒目がちの二重。
小さ目の口は形がよく、ニッコリ笑うと口角があがって綺麗な弧を描いた。
色白で透けるような肌。
頭も文系の中では10番以内に入っていたし、運動神経もよかった。
胸はけっこうあって身は細く、ヒップがキュッとあがってウェストのくびれもばっちり。
大人っぽい子でクラスのまとめ役でもあった。
決してしきりたがりってわけではなく、自然と皆が美奈の言うことや提案に納得してまとまるようなかんじだ。
彼女が年上年下にかかわらず告白の嵐にさらされていたのもうなずける。
けれど彼女は一向に彼を作ろうとはしなかった。
俺はと言えば、2年に入ってから背が高くなった位で、そう目立つようなヤシじゃなかった。
体育も普通より上、身長もちょっと上、頭は理系の中で常に5番内に入っていたからそこそこの自信はあった。
3年の2学期も終わりに近づくと、クラス内ははっきり色分けされた。
推薦で決まってのんびりしているヤシ。
一般試験組。
浪人覚悟のスローペース組。
俺は国公立しか行く気がなかったから必死組。
そんなある日、自習時間に渡り廊下に大田(幼稚園からの腐れ縁)に呼び出された。
何かと思えば、廊下の向こう側に美奈がいた。
色白の頬を真っ赤にして、これから一緒に帰って欲しいって。
これからって今日のこれからだと思って、そっけなく別にいいよって言ったら美奈が目にいっぱい涙を貯めてアリガトウって。
・・・・ひょっとしてこれって・・・・告られたのと同じか?
よくわからぬままにその日は一緒に帰り、翌日も、その翌日も・・・・
皆に冷やかされるのが嫌で、HRが終わると誰よりも早く校舎を出ると美奈が慌てて追いかけてくる。
そんな毎日が日常になって、でも俺は嬉しい反面迷惑だなっていう気持ちもあった。
センターの日程上、俺は第一志望をたった7人しか合格者を出さない日程におくしかなかった。
第一志望に受かるには凄まじい競争率をかいくぐらなければいけない。
もう12年も前の話だ。
今と学生の数が違う。
有名私大の倍率は軒並み60倍以上もする世界。
恋どころか自分の勉強で手一杯頭一杯。
けど、密かに毎晩自分でコキながらオナペットにしてたのは美奈。
セクースしてる夢を見る、自分の下で喘いでいるのも美奈。
俺は多分、今美奈とやってしまったらサルになるだろうっていう予感があった。
そうなってしまえば受験どころではなくなる。
毎日努めて冷静になるように自分を叱咤激励し、ひたすらストイックに生きようとした。
それは美奈も同じ事を考えていたんだと思う。
美奈自身も受験生だったから。
ある日、並んで帰りながら寝つきが悪いんだって美奈に言った。
そうすると、よく効くツボが手の甲にあるって教えてくれた。
美奈は本当はこんなところじゃなくってもっと効くところがあるんだけど、外ではできないしね。
と意味深な事を言った。
俺がわざとわかっていない振りをすると、水谷君、きっと勉強どころじゃなくなっちゃうでしょ。
って。
俺、見透かされてるって思ってカーッときた。
ちょっと触れただけの美奈の手にもドキッとして、オナる時にはその指が自分のチンコを握っているのを想像している事も知ってるんじゃないのか。
キスだってしたくてしたくてたまらなくて、何度となく今やってしまおうかと思いながら、キスだけで済まなるのがわかっているからひたすら我慢しているのも知ってるんじゃないのか。
俺は握られてた手を振りほどいて、自分だけ大人ぶるな。
弄んでるつもりかって言ってしまった。
しまった・・・・と思った時には美奈は長い睫を伏せて悲しそうな顔をして半泣きだった。
その顔を見てわかった。
美奈も俺に抱かれたがってる。

酔って寝ていたら飲み仲間にフェラチオされてた

飲み仲間(男女複数)がいたんだけどいつも今回は○○の家でなと決めて、訪問者達が酒を持ち寄り集合してた。
その日は男子一番人気のR子の家が集合場所。
時間にだけは正確な俺が一番乗りしていつもと同じように始めだした。
ところが集合時間1時間過ぎても2時間過ぎても誰も現れない。
それどころか途中ポツポツとキャンセル連絡が入りだし結局2人飲みで4時間以上が経過して日付も変わってた。
周囲にはビール缶が散乱しテーブルには空になったワインボトルが何本も。
前日から一生懸命に料理を用意したRと出張先から予定変更してまで長距離移動してきた俺は酔いに任せて他の連中への愚痴のこぼし合い。
ベロベロ&被害者意識で盛り上がった2人が向かったのは何故かスレタイ方面。
成り行きはよう覚えてない。
気がついた時はテーブルを部屋の端にどかしソファーの上でみっともなく、下半身だけ剥かれた俺がRの唇の間から現れたり隠れたりしてた。
そんな凄い光景が目に飛び込んできた俺だったけど下半身の感覚はほとんど無かった。
ソファーの前に座り高スピードで頭を上下動させてくれているRの姿には興奮したものの、いつもあるはずの膨張感や充血感や摩擦感といった感触がまったく無いままにまた落ちてしまったらしい。
今となってはこの時間が数秒なのか数分なのか数十分なのかさえわからない。
再び朝の光で起きた俺にRはしばらく口を開いてくれなかった。
それは疲れからじゃなくw恥ずかしさでもなくもちろん怒りから。
集合しなかった連中への怒りの後、男としての役目果たさなかった俺へのWの怒りが増幅されていたらしい。
しばらくして怒りが治まった頃に聞いた話では途中休みはあったがその行為は外が白みだす頃まで続けられたらしい。朝を迎えてさすがに自分もバカらしくなったんだと。
それ以上聞くとまた火がつくと思いそこで止めたけどホントはもっと詳細聞きたかった。
理由はRの口から語られるその顛末聞いてた時が一番興奮したから。

妹とセックス

中3の頃、とにかく何でもいいからエッチな事をしたくてにある提案をした。
その内容は、じゃんけんして負けた方が相手の性器を舐めるというもの。
どう転んでも俺しか得しないものだったが、
は小学生だった事もあり、そういったことに無知だった為か快諾してくれたw
そんな訳でゲームスタート!
といってもただのじゃんけんなので一瞬にして決着は着く。

中で蠢く舌がドロドロした感触の中で刺激してくるもんだから最高に気持ちがいい

女友達のYにしてもらった。
Yの部屋での雑談がエロい方向にそれていった時だった。
Yが手に持っていた物を見つめながら「これ口の中に入れてフェラしたらどんな感じかなあ」とぼそり。
俺がからかうつもりで「やってみる?w」と言うとどうやら本気にしたようで手に持っていたウィダーinゼリーを一気。
ベルトに手を掛けられたのでもう流されるしかない。というか大歓迎。
そのまま愚息を手コキ、硬くなったところで奥まで咥えた。
口の中で若干生暖かくなったゼリー感覚が新鮮で、ちょっと笑ってしまった。
そのままジュポジュポとゼリー付のご奉仕。中で蠢く舌がドロドロした感触の中で刺激してくるもんだから最高に気持ちがいい。
Yの口の端からは涎とゼリーの混じったドロドロのものが溢れていた。
最速でフィニッシュ。俺の精液を飲み干して口を離すと「美味しいし、癖になるかもw」とにっこり。
その後も二回ほど同じようにしてもらい、最後はゴムつけて挿入、最後のお掃除もゼリーだった。

3Pがこれほどの快感だとは知らず、もう普通のHが出来ないと思う程でした

出会いサイトで知り合ったAさんと…何度も体の関係を重ね、会う度お互いしてみたい内容のHをしてきましたが…私のレイプ願望&複数プレイを叶える為に一緒にサイトで相手を探し…条件に合う男性を見つけついに会う事になりました
誰かに見られながらHをしてみたりレイプのように無理矢理犯す感じを希望するBさんと、待ち合わせをして…SM部屋のあるラブホテルに行きました。
事前に打ち合わせしていた通り、Aさんは後から…で持って行ったブラウスとスカートに着替えると、早速目隠しをされ…
産婦人科にあるような椅子に寝かされると手足を固定されました。
するとAさんは私の顔を両手で固定すると強引にキスしてきて、舌をねじ込んできました。そしてブラウスのボタンを引きちぎられ…ブラをずらされると荒々しく乳首を吸われ…スカートをまくり上げられ…すでにぐっちょりと濡れた私のアソコにパンティの隙間から強引に指が入り…私は完全にレイプされてる気分で、いや…ぁ…やめ…て…と口にしながらもアソコはぐちょぐちょです。
Bさんは、こんなに濡らしやがって!と言いながらパンティを脱がすとアソコに顔を埋め…激しく舐めまわしてきました。
そして、Bさんは太く硬いおちんちんを私のアソコにこすりつけながら…
入っちゃうぞ!知らない男のちんぽが!!このちんぽで犯してやるからな!と…一気に中に入ってきました。
目隠しをされたままなので本当にレイプされてる感覚で、私は今まで味わった事のない快感と興奮に頭が変になりそうでした。
激しく奥深くまで出し入れされ…
うぅ…出そうだ…お前のいやらしい、おまんこの中に俺の…精子たっぷり出してやるからな…ほら…おまんこに欲しいだろ?!ぁぁ…出、出るぞっ!!
…と1番奥深い所で中出しされました。(ピル飲んでるので事前に了解していたので)
私は全身の力が抜け…私の中に出された感覚を痺れるように感じました。

アクセスランキング

[18禁] エクスタシークラブ

忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。