妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚いて声のほうを見てみるとしゃがんでる子がいてその向こうの壁の下の小さい足元の窓には男子たちの顔が…

中学の時の心電図検査の時の事です。
私の行ってた中学は人数が多くクラスも8クラスまでありました。
心電図の検査は一学年毎に行うので大きい教室が必要で一年の時は図書室でした。
でも二年の時はなぜか理由はわかりませんでしたが体育館でありました。
1000人を超える全校生徒が入れる体育館にベッドがずらりと…。
今思い出してみると野戦病院のようですw
まず体育館に女子二年生の女子だけで集合させられました。
更衣室というものが体育館には無かったので服を脱ぐ場所は舞台の前でした。
二年生の女子だけと言っても単純計算で150ちょっと…。
ごった返しになりながら服を脱ぎます。
学校の先生は女の先生しかいなかったのですが、心電図をとりにきてるお医者さん?は男の人もいて少し恥ずかしかったのを覚えています。
服を脱いでパンツ一枚になったら事前に渡されてた紙を持ってベッドに並びます。
何も考えず一番すいているベッドに並んですぐ後悔しました。

夜な夜な巨大な足が現れる足洗い屋敷

昔々、とある旗本が知り合いから鬼が出ると曰く付きの屋敷を買い取ったそうな。
庭が気に入っていた旗本は買い取ったその日から屋敷に住むつもりだったが、家族や使用人達は恐ろしがって敷居はおろか門にすら近付こうとしない。
仕方なく一人で屋敷に泊まった旗本が真夜中にふと目を覚ますと、自分の手が鎖に絡め取られた様にぴくりとも動かなくなっておった。
さてはこれが鬼の出てくる前触れかと旗本が部屋の天井に目を向けると、そこには巨大ながいつの間にやら現れていたそうな。そのは確かに巨大ではあったが、色白で肌理の細かい、まるで女子(おなご)のの様じゃった。
巨大な女子のは、そのままゆっくりと下りてきて、旗本を踏み潰そうとする。手が動かず逃げられぬと悟った旗本は、己が股間の槍をぐいとその足の裏へ向けて突き出しおった。槍は狙い違わず巨大な足の土踏まずに
命中したのじゃが、その肌の柔らかさと言い、すべすべとした触り心地と言い、この世のものとも思えなんだそうな。
旗本は余りの気持ち良さに槍を引いては突き、突いては擦りを繰り返した揚げ句、とうとう槍の穂先から噴き上げて足の裏に引っ掛けてしもうた。
すると足はえらい勢いで引っ込んで、旗本の手足も自由に動くようになったそうな。
それ以来、この屋敷には夜な夜な巨大な足が現れて、「足を洗え」と喚くようになったんだと。
どっとはらい。

一応縛りが完成すると、タカコの顔は真っ赤だった。他の奴らもあっけに取られて俺達を見ている

男3対女3で、俺以外は結構美男美女。
参加者は仮名ですが、
タカコ:スピードの上原タカコを少しポッチャリとさせた感じ。巨乳。
ユウキ:ユウキナエを明るくした感じ。結木奈江って若い人は知らなきゃ、マナカナにも似てる。
マキ:ゴマキ似。ゴマキを清楚にした感じ
男A:ジャニーズ系イケメンで超ノリ良いけど、いつもはヒヤヒヤするくらい暴走する。
男B:阿部寛を平均身長まで小さくした感じ。キャラも阿部寛系だけど、飲むと沢村一樹系の下ネタ大好き男。
俺:その場には不釣り合いな感じ。背は高いけどデブ&変態キャラ。でも、なぜかイケメン2人と仲が良い
いつものように男Aが暴走、Bと俺は空気読みつつAの暴走をセーブするのだが、その日は女達のノリが悪くない。
どうも女側の主導権を握っているマキが誰か狙いな様子。
飲んでるせいもあるのかAが軽い下ネタを振ると3倍くらいになって返ってくる。
タカコ、ナエも引く訳ではなく、結構な食いつきを見せる。
それに気を良くしたAがさらに暴走。

一次会(居酒屋)の時点である程度の性癖を暴露されていた。
俺はSM好きの変態で縛るのが好きって事までf^_^;
なぜか、俺の「SM・縛りとは」ってくだらない、普段ならドン引きされそうな話に女子は真剣に聴き入っていた。
男子には聞き飽きた話なんで、適当にツッコミとかフォロー入れてくれていた。
そこでマキが
「縛りがどうこう熱く語られても所詮は素人でしょ。あんなもん私でも出来る」と女王様的発言をしだす。
俺もちょっとイラッとして言い返そうとするが、タカコとナエはまあまあとマキを抑えて、その場は収まり、話は
別の話題になる。
一次会は男3プラスマキの4人でかなりシモネタで盛り上がったものの、タカコとナエはついては来るものの、ノリが悪かったので、今日は一次会で終わりかなと思っていたら、タカコから「二次会どこ行きます?」ってありがたいお言葉がp(^^)q
3人の中ではタカコが一番タイプだったんで、かなりテンション上がった。
そこで、なぜかマキが「店とか面倒だから男子の家で家飲みするぞ」と・・・
A、Bは実は彼女がいるから家飲みは避けたい雰囲気で、必然的に俺の家が会場になってしまう。
一次会の場所からそう遠くない事もあり、タクシー2台に分乗して、ウチに移動。
俺車は先に行って部屋の掃除、もう一台は買い出しに決定。
なぜか、俺車にタカコとナエが乗ってきた。
部屋汚いので固辞したが、マキがA、Bと先に行ってしまったので、3人で後部席に乗り込むのも、狭いので、前に乗ろうとしたら、なぜか、タカコが俺を真ん中に3人で後部席に座りたいとp(^^)q
前にも書いたが俺はデブかつでかいので、後部座席はキツキツ。
両サイドの二人は「キツいよぉ・・・」とか言いつつもいやではない様子。
俺は両側から良い匂いがするし、肘にタカコの柔らかい胸の感触がするし、二人ともノリで俺の腕に腕絡めてくるしでもうこりゃあ、たまらん状態。
自分の家の惨状をすっかり忘れていた。
家についたが、さすがにこの二人にはありのままの俺の部屋は見せられないと、「ちょっと待って」と言い残し、先に玄関から入る。
とりあえず、リビングを慌てて掃除(というよりも食べた後のお皿とかを片付けたり、雑誌とかエロDVDを隠したりとかそういう程度)。
しかし、タカコとナエも酔っているのか、待てなかったのか、「入っちゃった」といつの間にか室内へ。
「一緒に掃除してあげる」とお皿洗ったり、机拭いたり色々してくれる。
二人とも良い女なんですよ。
タカコはしゃがんだりすると谷間がめちゃ見えるし、ナエも結構短いスカートで脚が綺麗だし、俺は掃除どころじゃありません。
そうこうしているうちに他の3人も合流、
マキは「汚いなぁ。男臭いし」とか相変わらず女王様的発言を・・・
タカコは「これでも大分掃除したんだよ」とフォローにならないフォローを・・・。
みんな相当酔っているのか、大分テンションが高いのか、女(特にマキ)から
「ゲーム、王様ゲームしよ」との提案(タカコとナエはマキの押しに負けてという感じだが)
俺達も受けて立つぞと、すぐにゲームスタート。
いきなり王様は俺。
でも、どんな命令をして良いか、空気読めず。
「1番が王様を肩揉み」と言うへなちょこぶり・・・
ナエはちょっとホッとした様子、タカコは微妙な反応、
A、Bと既にオッサン化したマキが軽いブーイング。
俺は「まあ、まあ最初だから、で、1番誰?」と聞くと、マキが1番。
(ブーイングの原因は内容よりも自分が肩揉みさせられる事だったんか)
と思いつつ、女王様キャラのマキに肩揉みさせる快感。
しかも、意外に肩揉みも上手で気持ちよかった。
そして、ゲームは進んでいく
とりあえず、無難(普通の王様ゲームよりは過激だが)な命令が続く
一気飲み、抱き合う、膝の上に座る、ほっぺにキス、手を握る、後ろから抱きしめる
と言うのも、一番ヤバいと思われる、Aとマキがなかなか王様にならなかったからかもしれない。
本来なら、俺達はサインを決めて「男同士」と言う事態を避けるようにするのだが、べろんべろんなのと、急に決まったせいで、準備をしていなかった。
その為、結構悲惨な状態になる事もある。
AはBと一分間抱き合わされたり、デブな俺に膝の上に乗られたり、マキも一気飲みしたり、タカコに後ろから抱かれたりで、フラストレーションが溜まっている様子。
そんな二人を尻目に俺は本命のタカコにほっぺにキスされて結構浮かれていた。
しかし、遂に恐怖(俺達にとっては楽しみ?)な時間帯に突入する。

恥ずかしい事が好きなわけじゃないけど夫に求められるとすごく感じてしまいます

昨日投稿した菜々子です。
ついこの間の出来事を話したいと思います。
夫と夜中ドライブへ行ったときの話しです。
ドライブと言ってももちろん普通のドライブではありません。
はじめはワンピース一枚でショーツもブラも付けずに出かけました。
夫はジャージにロンTでした。
時間は1時を少し過ぎたぐらいだったと思います。
夫の運転する車の助手席に私は座り今日は何をするんだろう?とドキドキしてました。
15分ほど走った頃夫が私に
「今日はいつもより暖かいから服は着ないでおこうか」と言いました。
私は「うん」と答えてワンピースを脱ぎました。
車の中で服を脱ぐのは慣れてるので恥ずかしさは余りありませんでした。
さらに15分ほど走った時車はの中に入ってました。
獣道とまではいいませんが、あまり整備されて無い様でアスファルトはひび割れて草も生え、天然の腐葉土が道の端を埋め尽くしているような道でした。
「ここどこ?」と夫に尋ねると
「僕もわからないな」と夫は答えました。
私たちのドライブは結婚する前から行き当たりばったりのドライブなのでいつもこんな感じです。
夫は「全然人も居なさそうだね」と続けました。
私はその言葉に何かあると感じドキドキしながら「うん」と言いました。
私の予想通り夫は車を止めて
「降りなさい」と私に優しく言いました。
この瞬間が一番感じてしまいます。
今も思い出してクリを触りながらこれを打っています。
ごめんなさい。
私は「はい」と言ってドアを開けました。
すると夫が
「菜々子は今全裸だよ」と言いました。
その言葉に私は一気に恥ずかしさが増して足が振るえ出してしまいました。
でも、夫の言うこと…。私は何も返事をせずに外へ出ました。
車の外は少し肌寒かったです。
私が完全に外に出ると夫は
「ドア閉めて」と言いました。
私は少し戸惑いましたがドアを閉めました。

大きく広がったスカートの中を覗こうとしていた…

「旧校舎のあの階段、降りてくる時は12段だけど上がると時々13段になって、そうすっと
上がったヤツ行方不明になるらしいぜ」と言い出したアホ男子を「そんな事あるわけない」と
鼻で笑うメガネっ子委員長

「ならやってみろ」的流れになってソイツと行ってみたら、確かにかなり不気味な雰囲気。
実はビビリの彼女だったがアホ男子の手前虚勢を張って、登ってはいったが10段目辺りで
もうどうにも足が出ない。

「後の段飛ばして一気に一番上に行くんだよ!」と言われ振り向くと、いつになく真剣な顔の男子。
思わずコクンとうなづき、2段とばそうと足を大きく広げようとしてハッと気づいて振り向いた。

しゃがんでいるアホ男子。大きく広がったスカートの中を覗こうとしていたのだ。
その直後、彼は委員長のジャンピングキックで意識が行方不明になりかけるのだった……

アクセスランキング

[18禁] エクスタシークラブ

忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。