妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の半勃ちになったものを取り出し、ゆっくり手コキを始めた

転職する前の話を書かせて頂きます。
当時、その辺に普通にあるような地元密着型の塾で講師をやっていた(22歳)のですが、ひょんなことから高校2年生の子から告白を受け、いけないと思いつつもギャル系のエロい雰囲気・体型(Dカップ)に惹かれてしまい付き合うことにしました。
制服姿のギャルと二人で歩いているのは何か後ろめたい気持ちを持ちつつも、ブラが透けているシャツや今にも見えそうな位短いスカートに目がいっては、「一応彼女な訳だし…」と、生唾を飲み込む思いでした、、
そして、付き合って2ヶ月位した金曜の22時頃に地元カラオケに行った時も彼女は制服でした。
本来なら時間的に止められてもおかしくないところなんですが、個人経営のマイナーなそのお店は適当で、何事もなく朝までのフリータイムで入れました。
最初の数時間はお互い普通に歌っていたのですが、徐々にネタ切れになり、気付けばソファーで抱き合ってキスをし始めてました。
照明をかなり暗くしていたこともあってか、キスを何度かしてる間に徐々に制服姿に興奮してきている自分がおり、キスをしながらシャツの上から胸を揉み…脚を触り…スカートの中に手を入れていくと、予想外に彼女は自ら足をゆっくり開きました。
17にしてすでにそれなりの経験してきてるな…と思いながらも、パンツの上から上下に触ると、「ンッ…」と声にならない声を出すようになり、しばらくその状態で攻めてました。
そして、うっすら濡れてきた頃にパンツの中に手をいれると、彼女はすでにヌルヌルの状態になっており、自然と興奮が高まりました、、
店員やお客さんがたまに通りがかる度に多少ドキドキしながらも、手を休めることなく動かし続け、彼女の息使いは徐々に荒くなり、最初はハァハァ…息を殺していたものの、徐々に「アッ…アッ…」と声を出すようになり、その小さかった声が「アッ…やばい…エロいよ…」とはっきり聞き取れる位の大きさになり、気付けば「もうイッちゃう…イッちゃう…」と連呼しながらイッてしまいました。
「イッちゃったじゃんか…」と少しふくれた感じになってる姿にかわいさを覚えていると、彼女は徐に僕のジーパンの上に手を置いて上下に擦り始めました、、
急にエロい行動に出た彼女に少し驚きつつも、確実に気持ちよくなっている自分もいて、「生殺し状態だな…」と本音を漏らすと、チャックを降ろしながら「ベルト邪魔だから外して」と言ってきました。

友達のエッチを見て興奮

中学3年の、ちょうど今頃の時期だったと思います。
私と仲の良かった友達2人S子とM子の3人で、放課後の教室に残って喋っていました。
3人以外は誰もいなくて、始めは下着の話し(サイズとか枚数とか)をしていたんですが、だんだんとエッチな話しになっていったんです。
毛はいつ生えてきただの、オナニーしているとかになって盛り上がっている時、扉が開いて一人の男の子が入ってきたんです。
初めあせっていて誰だかわからなかったんですが、友達S子の彼氏M君だとわかって少し安心しました。それで、M君も話しに加わって、エッチな話しの続きを始めたのです。
セックスの話しになって、男の子のおちんちんのはなしになった時、M君が「俺達の見てみる?」って言ったのです。
私とM子は顔を見合わせ、S子を見たら、彼女は赤い顔をしてうつむいています。
M君は「もう俺達はアレしているんだ」と、言いました。
そして私達に「誰にも言わない」という条件で、二人のエッチを見せてくれるというのです。
当時、私も、M子も好きな人がいて、セックスには興味があったので、二人の条件をのんで、見せてもらうことにしたのです。
机を並べるのを手伝い、私達が並べる間にS子は下着を脱いでいました。誰かが来るとヤバイということで、スカートは穿いたまま、並べた机にS子が仰向けに寝ました。M君はズボンとブリーフを脱いでいて、私達2人に大きくなって上を向いたおちんちんを見せてくれました。
「こんなに大きくなるの?」私は率直に見た感じを言いました。
「やだぁ、こんなの無理。絶対無理」とM子が言ったのを今も覚えています。
「大丈夫」と、M君が笑いながら言いました。
そしてS子のスカートをめくって、足を開きます。
「恥ずかしいよ」って言って、S子は顔を隠しました。
S子のアソコは私と変わりありませんでした。
M君はおちんちんを掴んでS子のアソコに近づけ、腰を突き出したのを覚えています。すると、あの、大きいモノがS子のアソコに入っていったではありませんか。
私達はその瞬間をジッと見ていました。セックスの最中、M君も、S子もフウフウと荒い息をしていました。
「ヤバッ、出る」急にM君が言っておちんちんを抜くと、私達が見ている反対の方向を向いて体をビクつかせています。どうやら彼は射精したようですが、私達にはその瞬間を見せてくれなかったです。
そのあと私達は何事もなかったように机を元に戻して、まだ残るという二人を置いて教室を出ました。
私とM子は一言も話しをしませんでした。ただ、異常にのどがカラカラに渇いていたのと、アソコがグッショリと濡れていたことを今さっきのように覚えています。
私が初体験をしたのはそれから数年後なんですが、それはまた別の機会ということにします。

バイト先の後輩とセフレ関係になり、たくさんセックスしました

大学時代、バイト先の後輩の嘉(ヨシミ)とセフレみたいな関係になってました。
嘉は当時高○三年生、150センチくらいの身長で、柔道をしていたせいか少しポッチャリ。でもセミロングの可愛い顔立ちをした娘でした。
何回か告白されたりしていたのですが、彼女もいたので断っていました。でも休日は二人で会ったり、俺の部屋に来て遊んだりしていました。
夏休みにいつも通りにうちに来た嘉。その日は珍しく制服でした。夏期講習の帰りに寄ったとのこと。
いつも通りに他愛のない話をしたりゲームをしたりしていたのですが、制服、しかも夏服姿の嘉に正直ムラッとしていて、エッチしたいなと思っていました。
嘉が「疲れた~」とか言って、ベットの上に横になったので、俺はすかさずに嘉の上に覆いかぶさりました。
しばらく見つめ合ったあとに…
嘉「なにするの…?」
と聞いてきたので喋るのをやめさせるようにキスで嘉の口を塞ぎました。
俺「俺が彼女いるの知ってるよね?それでもいい?」
と聞くと嘉は黙って頷いたので、再び嘉にキスをしました。
しばらくキスをして舌をいれると不器用にも舌を絡ませてきました。
制服の上から胸を揉むと嘉が「ブラ痛い…」と言ってきたので、身体を起こし嘉の服とブラを脱がしてあげました。
嘉の胸は乳首が小さく、の大きさはそこそこ(C)だったが弾力があって、触るととても気持ちよかったのを覚えています。
触られてる間、嘉は身体を硬直させて、顔を真っ赤にさせながら震えていました。
キスを辞めて首筋…から胸…そして乳首を舐めていきました。乳首を口に含むと…「ンッ…ハァハァ…」と嘉が初めて声を出していました。
口の中で転がしてあげると「アッ…ンッ…ンッ…」と可愛い声を出しています。
胸を責めながら右手を嘉のスカートの中へのばします。パンツの上から割れ目をなぞるとすでに濡れていて、何回か往復しているうちに嘉もピクピクと反応し始めました。
我慢できなくなってきたのでパンツを脱がせ、嘉のマンコを丸出しにしました。
嘉のマンコはかなりの薄毛で少し剃ればすぐにパイパンになるものでした。そんな可愛いらしさとは裏腹に膣からはたくさんの愛液が流れていて、もう準備オッケーの状態でした。
俺「嘉…入れるよ…?」
嘉「初めてだから…」
嘉の一言でスイッチが入った俺は、嘉に膝を持たせ、マンコを広げさせました。ピンク色のマンコにビンビンのチンコをあてがい…ゆっくりと入れていきました。
嘉「いった…」
痛いと言いながらも我慢している嘉の姿がまた興奮させてくれました。根本まで入れると嘉のマンコが締め付けてきて、最高に気持ちよかったのを覚えています。
俺「入ってるのわかる?痛くない?」
嘉「大丈夫…でもキツイよ…」
我慢できなくなった俺はピストン運動を始め、そこからはもう夢中になっていました。でもあっという間に嘉の中に射精したのは覚えています。
その日は射精したあとも萎えることなく、抜かずに三回くらい連続で嘉と愛しあいました。
その後はSEXもする友達として、嘉が高校を卒業するまでやっていました。
長文しつれいしましたm(__)m

女風呂を覗いたら仕返しに複数女子にフェラで抜かれた…

会社研修のときのことなんだけど、いまの会社って新卒者に対して4月の入社までに何日かかけて研修やりますよね。
その研修の最終日に、一泊二日で泊まりました。
その日の夜、研修最終日ということもあって酒を飲みまくり、男女関係無く下ネタ話(一部の人だけだけど)をしまくったりして気分はハイテンション。
そんなハイテンションのままそいつらで風呂に入ったわけですが・・・・
「○○さん!(オレのこと)、女風呂見えますよ!」
覗きとかそういうのは無縁だったオレの興奮度は一気に上昇!
そこの風呂は男湯と女湯は完全に仕切られていて、女湯の話し声すら一切聞こえない。
しかし、大窓を開けるとベランダみたいな通路があり、それが女湯の大窓まで繋がっていた。
とりあえず男三人で本当に見えるのか行ってみると、本気で見えてしまった!
同期の女の子5人くらいいて、湯船に入ってるのが三人で体を洗ってるのが2人。
湯船組は背をむけているので横乳しかみえなかったが、知り合いの裸を見れたということにむちゃくちゃ興奮しまくった。
しばらく見ていると、なんと体を洗っている子の一人が大窓の方に体を向けてしまった!当然全部丸見え。
胸は小さいけど同期でトップクラスにカワイイ(とオレは思っている)のり子の全裸を見れたことに興奮してしまい、隠れながら覗かなきゃいけないのに隠れるということを忘れて見やすい位置まで移動してしまっていた。
すると女湯の子の一人と目があったっぽかったので慌てて戻ろうと思ったらなぜか男湯の窓が開かない!?しかも湯船に誰もいない・・・あとで聞いた話だと一緒に覗いた野郎どもは先に湯を上がっており、すれ違いにこの旅館で働いている人っぽい人が風呂に入ったのでその人が窓を閉めたのではないかとのこと。
そんときの心境としては、ああオレはもうクビだな入社もしてねえのに、とか、親が聞いたらショックだろうなあ、とかいろいろ考えてしまった。
そんな考えもつかの間、女湯の窓があいていてそこから同期の子数人がこっちを見てる・・・
オレは覚悟を決めてその子達に謝ることを決意し、再び女湯の方に向かった。
タオルを頭に乗っけたままの格好で女湯の方に向かうと、さっきまで体を洗っていた子も含めみんな湯船に入っていた。
オレだけベランダで棒立ち。
当然丸見え。
けどそんときはそんなのは不思議と気にならなかった。
なにせオレのクビがかかっていたから。
そんときのオレの表情はとんでもなく暗い顔だったに違いない。
彼女らは軽蔑した目でみてるのもいたけど、なんか企んでそうな顔をしてるヤツもいた。
のり子(20歳)「○○さ~ん(オレの方が2つ年上なのでさん付け)、さっき覗いてなかった?」
オレ「い、いや。外の景色みてただけだよ」
と、この期に及んで苦しい言い訳をした。
実際景色は最高だった。
のり子「っていうか、少し起ってますよ?」
というなり、他の子が笑い出した。
ヤバイと思って確認したらたしかに半立ちだった。
一瞬冷静になり、湯船の方をみると数人のおっぱいが丸見え。
光の加減かもしれないけどヘアが見えてる子もいた。
そのせいで一気にビンビンになってしまった。
あや(20歳)「うわーー!すごーーい!」
女1「立つ瞬間初めて見たー!」
あわてて手で隠すも時すでに遅し。
のり子「もう全部見ちゃったから隠しても無駄ですよ」
そんなこんなで押し問答をし、男湯の方は窓を閉められて戻れない等などの話をしていたら女の子の一人が
「とりあえずこっち来たらどうです?」
ぶっちゃけ標高が高い田舎の温泉に外で棒立ちしてるのは寒かったのでお言葉に甘え、湯船に入れさせてもらい、肩までどっぷりつかって冷えた体を温めた。
で、オレは開口一番に謝った。
オレ「ごめんなさい!会社には言わないで!」
しかし彼女らはニヤニヤしているばかり。
のり子「謝るだけじゃちょっとねー。どうする?」
あや「とりあえずもう一回おちんちん見せてもらおうよ」
のり子「そうだね。んじゃあ○○さん、もう一回見せてよ」
オレ「え?いやそれはちょっと」
酒が抜けてすっかりシラフになったオレはこんな大勢の同期に見せるなんてためらいがあった。
反対に彼女らは明らかに酒は抜けてなかった。
のり子「いいから早く立ってよ」
そういうとそいつがオレの目の前で立ちあがった。
当然全部丸見え。
さすがハタチというピチピチした体付きで、おっぱいがつんとした上向きで美乳派のオレにはそれだけでご飯2,3杯いけるくらいだった。
そんな幸せもつかの間で、オレの後ろに回りこんで脇に手を回して立たせようとしてきたので素直に従うことにした。
下は高卒、上は大卒まで幅広く採用しているうちの会社に入社してしまったことが災いし、18歳から22歳までの同期に全裸を見られて、すべてがどうでもよくなってしまった。
というか、こんなことで会社にバレないならそれでいいと思った。
のり子「どう?大きい?」
のり子がオレの後ろでほかの子たちに聞いている。
あや「さっきより小さくなっちゃってる~。ゆきちゃんもそう思わない?」
ゆき(18歳)「え?わかんない」
ゆきちゃんはホントまだ子供って感じで処女だとしても不思議じゃないくらい大人感じの子だけど顔のワリにおっぱいが大きい子だった。
のり子「え?どれどれ。」
そういうと後ろからオレの息子を手探りで触ってきて確認してきた。
こいつがここまでエロいとはこのとき初めて知った。
のり子「っていうかマジ小さいジャン。じゃあこれでどう?」
そういうと背中ごしに抱きついてきやがった。
背中に感じるやわらかいおっぱいの感触。
理性とは裏腹に息子は一気にビンビン状態。
女ども「きゃー!またおおきくなったよ!!」
はしゃぐ女の子もいれば驚きの表情の子もいた。
ゆきちゃんもその一人だった。
しばらく息子鑑賞会が続いたのもつかの間、女どもは更なる要求をしてきた。
のり子「わたし、男の人のひとりエッチが見たい!」
あや「あ!それいい!」
のり子「じゃあ、そう言うことなので私達に見せてくださ~い!」
オレ「えー!?それはマジ許して。お願い!」
ぶっちゃけオナニーを見られるのってマジで屈辱的じゃないですか。
だからホントこれだけは勘弁してくれって感じだったので必死に頼み込むと、
のり子「じゃあ、私達が順番に手でコスるので10週するまで我慢できたらこの事は誰にも言わないってのでどう?」
オナニーをしなくて済んだという安心感から快くOKしてしまった俺だが、包茎のせいだかなんだか知らないけどかなり早漏なオレは実はちょっとだけあせっていた。

お医者さんごっこで遊びましょ!

「花子さん、遊びましょ! お医者さんごっこで」
「えー、やだよー、またやらしいことする気でしょー」

「人体模型たん、今夜もきれいだね」
「み、見ないでくらさい~ うぅ、恥ずかしいよぉ~」
「こんな奥まで、丸見えだよ? ほら、ここ……」
「ら、らめぇ~! 恥骨直腸筋はらめぇ~!」

「13階段ちゃん、踏んづけられるの好きなんだって?」
「そんな…… あ、いけません…… い、一段増えちゃう」

「男装の二宮さん、いつでも本ばっかり読んでるね」
「ボクの唯一の趣味なんだ、悪いか?」
「べつに悪くなんかないけど、肩こったりしない?」
「触るなっ! こ、こら、ボク動けないのにっ、卑怯者ぉ!」

「ピアノ姐さん、今夜はまた、一段といい音で鳴くねー」
「あ~ん、あたし、黒鍵は弱いのぉ、やめてえ」
「やめていいの? いつもみたいに、ひとりで慰める?」
「ん~、もぉ~、いじわるなんだからあ~」

「肖像画嬢、隠れるのやめたら? 目が動いてるよ?」
「うっ、うるさいわね…… 余計なお世話よっ」
「君の素顔、ベートーベンより、ずっと素敵だと思うけど」
「ふ、ふんっ、ピアノお姉ちゃんのほうが好きなくせに……」

「鏡さん、今夜もかわいいね、ツインテールで」
「漢字で呼ぶな、っていうか、私は怪談かいっ!!」


――――という学校七不思議

[究極]当サイトでは提供できない生動画

究極の動画って何を思い浮かべる?
変態的なプレイ?美女の過激なあえぎ?ピストンのたびに揺れる美乳?
結局行き着く先は素人系だけど…「素人ものって言ったって結局AV女優が出てるだけジャン」って醒めてる男もいると思う。
じゃあ、これはどう?

『素人女が自分の命令通りにHなことをしてくれる生動画』

[生放送中]素人女の生オナニー

みんな大好き生放送!!
ライブチャットやツーショットサイトなら音声・動画でオナニーがいつでも生放送中!!

アクセスランキング

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。