妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達の彼女とフェラ…口の中に射精

高校時代、友達に一歳上のかなり美形の彼女がいたんだが、
実は彼女のほうが一方的に友達を好きで、
友達もそれを分かって性欲の捌け口として付き合っていた。
俺は一番の友達とあってそのおこぼれに預かることが多く、
友達の命令でノーパンで登校してきた彼女が俺の前でスカートをめくって
中身を見せさせられたり、俺の見てる前で放尿させられたり、半ば露出調教みたいな雰囲気。
彼女はもともと俺と同じ小中学校だったので最初はものすごく抵抗があったようだけど、
いつも俺相手なので途中から彼女はかなり慣れてきたようだった。
ただ、俺が童貞で照れ屋だったので、友達にとっては彼女だけではなく俺の反応も面白かったらしい。
そして友達の家で、俺の前で交尾を見せられたとき、
友達が見てるだけじゃかわいそうだろうと言い出して、彼女にフェラを指示。

初体験は大学1年…場所は公園でセックスしたよ

俺の大学は夏休みに入るのが遅かった。
高校までならもう既に夏休み。
授業なんてうける気がなくなり、その日は午後からプールへ遊びに行きました。
一緒にいった友人は彼女と合流し、楽しそうにしてました。
俺は…当時、彼女なんて出来たことがなかった。
友人からはナンパしろよと言われました。
ナンパなんてしたこともないし、されたこともないからわかんないなんて、半ば諦め気味で遊んでいたら、相手の方からやって来ました。
背は160センチ半ばだったけど、顔が幼くかわいい感じで、胸の膨らみが小さかった。
高校生?と思ったけど、まぁ独りより言いかなと思い一緒に遊びました。
楽しく時を過ごし、帰るときになった。
一緒に帰ろうと言われたので、4人で帰ることにしました。
俺と友人は先に着替え終わり外で待っていました。
先に友人の彼女が出てきて俺の方を向いて笑いながら彼とこそこそ話した後、友人の彼女が二人で帰りなよ。ロリコン君と言って、友人とその彼女は先に帰りました。
その後、彼女が出て来たんですが…セーラー服姿だった。
高校生だと思ってたので、気にせず一緒に帰りました。
彼女を家に送る途中に思いきって告白しました。
即OKでした。

従姉妹とはいえ、あまりのことに僕のアソコは脈をうってもう少しのところで爆発するところでした

僕のうちはの隣には、従姉妹の家があり三歳年上の彼女とは小さい頃から遊んでしました。
彼女も年頃になり、僕も中学のなると以前のような子供遊びはしなくなりましたが、合えば姉弟のようにたわいのないことをしゃべっていました。
その日は、たまたま彼女の家に行ったのですが、彼女以外は家人も出かけており、二人きりでした。
彼女の家で、たわいもないことを話しているましたが
どういうわけか話の内容が腹筋や腕立ての話になりました。ここからはその時の話の再現になります。
彼女「ヒロちゃん(僕の呼び名)テレビの番組で腹筋や腕立てしてるけど、何回ぐらいできる?」
僕「百回くらいは軽いよ」
彼女「うそっ、できんの?」
僕「できるよ やってみようか」
彼女「やってみてヨ」
と、僕は早速、腕立て百回をし、腹筋百回を何とかしました。
彼女「すごいね~、でもビッショリじゃない、シャワー浴びてくれば」
僕「うん、じゃー浴びてくるよ」
風呂場に行きシャワーを浴びていました。
少しすると風呂場の外から彼女が「ヒロちゃん、背中流してあげようか」と声をかけてきました。
僕は一瞬、{エッ}と思いましたが、小さい頃から姉のような彼女なので「じゃーお願い~、」と答えました。
彼女は、風呂場に入ってきました。そして、石鹸をつけたタオルで背中を洗ってくれました。
その時彼女が「あら、背中に何か赤くなってできてるよ」と言いました。
僕は「そおー、何かちくちくするんだよね、おしりあたりも」と言うと「虫に刺されたんじゃないの、ちょっと見せて、立ってみて」と言うので、風呂場のいすから立ち、しりを見せました。
彼女は「あっ、赤くなってブツブツしてるよ、これなんだろー、他はなんともないの?」と。
僕は「エッそうなの、股のところもなんかできてるみたいなんだ」と言いました。
すると彼女は「どこどこ?お尻の下はなんともないよ」と言うので「もっと前の方かも、でもいいよ」と言いました。
彼女は「いいの、見てあげようか?」と言うのですが、僕は「後ろからは見えないかも、だからいいよ」と言いました。
すると彼女は「そう、恥ずかしいもんね」と言うので「恥ずかしくはないよ、そっちこそ見てくれんの?」と言うと「いいわよ」と言うのです。
彼女に股を見せるには前を向かなければなりません。
僕はちょっと恥ずかししようでもあり、ドキドキして「じゃ、見て」と彼女の方に向き直りました。
彼女はというと「どこ?」と言って股を覗き込んできました。
彼女からは僕のアソコは丸見えです。でも彼女は気のもせず「どこ?なんともないみたいよ」とじっと見ていました。
僕は、なんとも恥ずかしいが、変な高まりをおぼえてきましたが、「もうちょっと奥だよ」と平静を装って
タマタマの奥を見せるようにしました。
彼女は「どれどれ」とよーく見ていましたが「なんともないよ、この辺?」とタマタマのそばを触って着ました。僕は、その瞬間、脳天に衝撃を覚えました。そして、案の定僕のアソコはだんだん角度をもたげて大きくなってきてしまいました。
彼女はそれを見て「あれ、大きくなってるよ」と言い僕の顔を見上げました。
僕は「そんなとこ触るからだよ」と言うと「エッ、そうなの、エッチ」と言うので「どっちがエッチなのさ、もうカチカチだよ」と言いました。
彼女は「本当だよね、すごいね、ヒロちゃん、ちょっと触っていい?」と聞くので、僕はもう興奮してるので「いいよ、」と興奮して言いました。
彼女は「じゃ」とそろっーと僕のアソコを軽く持ちました。「すごく、硬いね、すごーい」などと言っていました。
従姉妹とはいえ、あまりのことに僕のアソコは脈をうってもう少しのところで爆発するところでした。
今現在、二人とも大人になりましたが、会うと時々、その時のことを笑いながら話しています。また、家人がいない時などは、二人で楽しく風呂にも入ります。
他人から見たらおかしいかもしれませんが、僕たちには普通のことです。

ホームレスのチンポを咥えたときは、メチャクチャ気持ち悪くて吐きそうだったが興奮した

今まで誰にも話したことのない僕のとても恥ずかしい性癖告白します。
僕は深夜の公園で、ホームレスの汚れた臭いチンポをしゃぶっているんです。
きっかけは今から2年前、僕が高2のときでした。
僕はその頃、家族が寝静まってからこっそりと家を抜け出して、近所の公園に行っていました。
そこはいわゆるハッテン公園で、僕はその日、公衆トイレでホームレスに誘われてしまって…
「兄ちゃん、ホモだろ?しゃぶってくれよ…」
僕はホームレスの言葉に驚きました。
でも、つい好奇心で…
そしてホームレスと個室の中に入って、足元にしゃがみ込んで…
ホームレスはズボンとブリーフを一気にズリ下ろしました。
するとホームレスのチンポからは鼻をツ~ンッと刺激するきついアンモニア臭が…
僕は気持ち悪くて吐き気がしてきました。
なにしろ強烈に臭いし、それにチンカスだらけで凄く汚れてるし…
やっぱり、かなり後悔しました。
でも、しゃぶってしまったんです。
正直、ホームレスのチンポを咥えたときは、メチャクチャ気持ち悪くて吐きそうだった…
でも、なんだか凄く興奮しちゃったんです。
凄く臭いんだけど、しゃぶっているうちに次第にその臭さに慣れてきちゃったってゆうか…
いや、むしろその強烈な匂いに興奮していたのかもしれません。

肉棒はギンギンで、今にも射精しそうな彼です

俺もかなりの変態ですが、俺には、更に上を行く悪友がおります。
彼には、付き合って20年を超える愛人がおります。
名前は広子と言い、あまり美人とは言えませんが、彼が結婚する前から、彼と付き合っている女なのです。
彼と広子は、乱パブへ行ったり、相互鑑賞などをして楽しむという、マニアックなセックスを愛好する節があるのですが、それでも満たされなくなったとき、俺のところへ電話がかかってくるのです。
彼は、激しい嫉妬心を感じることでしか、性癖を満たすことができない身体になっており、俺と広子のセックスを見て、嫉妬したいと言うのであります。
最初は、かなり抵抗がありましたが、真剣に訴える彼を見て、「コイツ、マジなんだぁ」と感じました。
広子も、彼の親友である俺とだったらセックスしても言いということになり、見られるセックスをしに、カラオケボックスへと行くのでした。
彼の環境設定は細かく、ホテルでは駄目なのです。
有り得ない環境で、彼女が犯されないと意味がないのです。
まず、普通にカラオケを楽しむ3人です。
その内、お立ち台で歌う広子のスカートをめくったり、逆さ撮りをしたりして楽しむ俺と彼です。
撮った写真を広子に見せながら、「何だオマエ?アイツにパンツ撮られて嬉しいのか?」と、逆ギレしだす彼なのです。
しかし、こうなって、初めて勃起することが出来る彼なのです。
俺も広子に、攻撃的な言葉を浴びせます。
負け犬のような顔をする広子です。
その顔を見た彼が、「なんだお前?俺以外の男にもそんな顔をするのか??」と、また逆ギレします。
でも、彼の股間は、モッコリ膨らんでいるのです。
広子が俺の肉棒を舐め回します。
卑猥な顔で、ベッチョリと唾液を垂らしてきます。

アクセスランキング

[18禁] エクスタシークラブ

忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。