妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も来てない時には、ちょっと大胆なことをしたり…

数年前、俺はとある個別指導塾のアルバイト講師をしていました。
担当になった女の子で、可愛いんだけど、すごく生意気…マセてる子がいました。
小5・ミナヨ。小柄で黒髪のロングヘアー。
小麦色の肌で、大きな目が印象的でした。
算数が苦手だと言うので、主に算数を丁寧に教えてたのですが
正直、勉強よりも恋愛方面に興味津々なのか、
「せんせいって、彼女いるの?」とか、すぐそういう事ばかり聞いてきました。
こういう話も、多少は乗ってあげないと馴染んでもらえないので
適当に冗談おりまぜつつ答えてました。
そんなある日、土曜日の早い時間にミナヨが来て
教室の中は2人きりでした。
最初は普通に教えてたのですが、ミナヨが
「ね~せんせいって、初キスいつ?」って聞いてきたので
びっくりしながらも
「う~ん…俺、早いほうかな?中1のときだよ。」
つい、本当の事を答えてしまいました。
「… そっか~。。ミナヨね、ちょっと興味あるんだ……キス…ってどんな感じなんだろ…?って。。」
ミナヨは大きな瞳で、俺の顔を覗き込んできました。
その、コケティッシュな表情に、思わずドキドキしてしまって。
慌てて視線そらして、勉強の話に戻そうとしたんだけど
ミナヨが俺の手にそっと触れてきました。
「…初キス、どんなのか、知りたいな…」
俺の胸にもたれてきました。
なんなんだ。。俺のこと、誘ってんのかな…
こんな子供にドキついて、俺は何も言えずにいました。
「…クスッ、、せんせ~メチャクチャドキドキしてるの、聞こえるよ?」
なんかコイツ、懲らしめてやりたくなって
ミナヨの頭を抱きしめて、ほんの一瞬、唇を合わせてしまいました。
ミナヨは、びっくりした顔で
「え?え…うそ…どうしよ…」かなり動揺してて
「ミナヨ、キスしたかったんだろ?もう、気ぃ済んだ?…じゃあ、もうプリント始めるよ?」
本当はかなり緊張の一瞬だったけど、なんとか平静を装って、机の上にプリント出しました。
「…今のじゃ、やだ。。」
ミナヨは今度は真剣な目で俺を見つめてきました。
「一瞬で、よくわかんなかったモン。もっと、ちゃんとしたいもん。」
「…お前なぁ…算数のほう、ちゃんとやろうよ?成績、上がんないぞ?」
俺も本気で言ったんだけど
「…このままじゃ、何か中途半端でやだ。せんせ~、ちゃんとキスして?」
「俺とじゃなくたって、いいでしょ?中学あがって、カレシ出来てからだっていいじゃん」
ちょっとキッツい言い方してしまいました。
「…他の人じゃ、やだ…。せんせ~じゃないと…」
今にも泣き出しそうな、潤んだ瞳で言われて、何だかコイツ、可愛いなあ…って思ってしまって。。
「…ん、じゃ…分かったよ。でも、絶対内緒にできる?」と聞いたら
「うん、誰にも内緒にする。」
ミナヨはニコッと笑いました。
「もう、笑ってるよ。」

一日何度も犯す

【7:46】メリーさんからの着信で起床。
「家の前にいる」等とほざいてやがる。2回ほど犯した。おかげで朝勃ちが悪い。
【8:02】朝食で使った油の容器にゴキブリが入ってた。
飼ってる触手に食わせた。今まで気づかなかったことに腹が立つ。。
【8:36】出勤。ダルい。家を出る時に電話が鳴る。うるさいのでもう1回犯した。
【9:07】車で走っていると、後ろからババアがダッシュで追いかけてくる。
捕まえて犯した。ロリババアならいつでも大歓迎だ。
【9:30】デスクに向かっている。下を見ると白い手がオレの足をつかんでいる。
ひっぱり上げてムスコをしごかせた。一発出したら大人しくなった。
【10:39】窓際に立ち空を眺めていると、女が落ちてきて目が合った。抜いた。
【12:24】交差点を歩いてて、すれ違う時に女が「よくわかったな」と言ってきた。捕まえてホテルに直行。
【14:26】携帯に着信記録16件。かけてみる。
「わたしメリーさ・・・「伊藤君ちょっと外回り頼めるかい?」「うっす。」
ホテルに連れてって3回ほど。
【16:12】外回りをしているとマスクをした女が声をかけてきた。
「わたしきれい?」ホテルに直行。
終わったらシクシク泣き出した。そっちから誘ってきたくせに処女かよ。
【17:30】公衆便所に行くと人形が落ちている。
「わたしリカちゃん。呪われているの」ラブドールとして使うため持ち帰ることにした。
【20:32】車で走行中、バックミラーを覗くと上半身だけの女がついてきている。
急ブレーキをかけて胸を揉みまくった。もうついてこないようだ。パイズリしたかったのに。残念。
【21:25】帰宅、着信記録が49件。またアイツか。家に呼び出して4回中出しした。
【21:42】ベッドの下に女がいたのでボコって犯した。こいつも処女か。いい年して泣くな。
【22:10】メリーさんからの電話に出る。「わたしメリーさん、今あなたの後ろにいるの」
うそつけ。今の体位はバックなんだから俺がお前の後ろにいるんだ。
【23:34】着信がしつこく鳴り響く。犯した。
【23:58】犯したのにまた着信が鳴り響く。ついに壊れたようだ。とりあえず肉便器にするか。
【0:25】就寝。今日一日でかなり疲れた。外から窓をたたく池沼がいる。
わかったからやめろ。中指を入れてイかせる。日本はいつからこんなに狂ったんだろう。
【2:40】急に目が覚める。金縛りのようだ。
長い髪の女が天井にへばりついて恨めしそうにこっちを見つめている。
だが性欲には勝てない。引きずり下ろし、縛って犯した。
【3:20】猿夢だ。しかし俺は夢の中では無敵だ。一匹残らず掘った。

とある事件に関連して巨大な蟹の正体を追っているペンフレンドがいる

「闇に囁くもの」
※ネタバレしていますので、嫌な方は飛ばして下さい。
私には、とある事件に関連して巨大な蟹の正体を追っているペンフレンドがいる。
彼がその事件の核心に迫ると、宇宙人と思しき正体不明の集団に襲撃されるようになった。
ところが、ある日を境に彼と正体不明の集団は和解したと言うのだ。
私は半信半疑だったが、彼から「詳しく説明したいから一度家へ来てくれないか」との手紙を貰った事もあり、彼の家を訪ねる事にした。
初めて会った彼は、顔色が悪い上に動作もぎこちなく、妙な臭いと音のする書斎から一歩も外に出ようとしなかった。
そして彼と話し込んだ日の夜、私は何の気なしに彼の書斎を再び訪れた。
そこで、私が見たものは、精巧に作られた(と願っている)彼の顔と両手の模型とそれらを動かす装置、そして――その装置を操作する為の機会を抱きかかえた幼女だったのだ!
その幼女は、自分こそが私のペンフレンド、先ほどまでここで私と対話していた当人だと言うのだ。
混乱した私は、彼――それとも彼女――に質問した。
「な、何でそんな体に?」
「宇宙に行く為には出来るだけ体を小さくする必要があったのだよ。容積的にも重量的にも、ね。何しろこの体だと食料の消費が劇的に抑えられる」
「だからと言って、女になる必要があったのか?」
「男よりも女の方が極限状態における生存率は高い。故に、この選択がベストなのだ」
「……いっその事、脳味噌だけになって、それを収納出来るくらいの金属の筒にでも入った方が更に効率的では?」
「それでは自分の目で宇宙が、他の世界が、見られないではないか!だったら宇宙に行かない方がまだ良い。他に質問は?」
「やらないか?」

叔母を思い、オナニーを繰り返したのはいつごろなのか?

私には中高生の頃、実の叔母との変態行為とも取れる体験談があります。2chには何度か書き込みしたのですが、ここで改めて清書させてもらいます。
当時、叔母は40代前半でそれは奇麗な人でした。体格は小柄ながら、巨乳で巨尻、まさにフェロモンを体中から発散している様な女性だったのです。
その体験とは、叔母が巨大な乳房を私に押し付け、また私が下半身の勃起物を叔母に擦り付けるという行為です。それも身内の人間が傍にいる時、人知れず無言で、そんな行為を繰り返しておりました。
まさに阿吽の呼吸で叔母が私の下半身に触れたいときは、私はなるべく、その体勢を作ってあげ、私が叔母に触れたいとき、叔母はいつも、その体勢を作ってくれてました。
でも、そんな行為がいつごろから始まったのか?叔母に対して、異性を感じたはいつごろなのか?叔母を思い、オナニーを繰り返したのはいつごろなのか?私にはまったく記憶にありません。
結局、その叔母との性行為はなく、今思えば後悔の連続ですが、私の大切な「蒼い体験」なのです。

エピソード1(叔母の履歴書)
叔母は高校在学中に2度も妊娠と中絶を繰り返していたヤリマンだったらしいのです。卒業後、都会に就職し、生家である我が家に帰省の際は、毎回違うボーイフレンドを伴っていました。数年が過ぎ、叔父(現在は離婚)と結婚し、私と同年の長男を授かり、その6年後に長女を出産したのです。
帰省の際は必ず私と風呂に入って、自分の子供以上に可愛がっていたみたいです。

エピソード2(最初の押し付け?)
記憶が曖昧なのですが、たぶんこれが叔母の最初の「押し付け」だったのではないでしょうか・・・
私が中学生の冬の頃、叔母が道で滑り、足首を捻挫したことがあります。母の運転する車で病院へ行きました。その際、私が叔母をおぶって診察室まで運んだのですが、その行為が叔母には嬉しく私をベタ誉めしたらしいのです。たぶん、その時に背中越しに叔母の巨乳を感じ、また外出時には私の肩に寄りかかり歩行をしていた為、その感触が堪らなく私をオナニー小僧に変貌させたのではないでしょうか?
叔母を女性として意識し始めてから、私も「あの巨乳を生で見たい」願望にかられ、偶然を装い入浴後の全裸を見た事があります。叔母も驚き慌てて両手で隠してましたが今でもはっきりと憶えています。
おっぱいは物凄く大きく垂れていて、乳首は小さく乳輪は大きく肌色、陰毛は薄め。腹はぶよぶよで弛んでいて太腿はかなり太めでした。
でも昔から現在まで、この叔母こそが私の下半身を最も刺激する女性像なのです。

エピソード3(叔母のアソコ)
これも中学生の頃の夏の出来事です・・・。この頃からだと思いますが、叔母は私が肘枕で横になっていると、私の下半身の辺りを背もたれにして座ってきていました。丁度、私の勃起棒が叔母の巨尻に当たるのです。最初は勃起しているのが恥ずかしく、少し腰を引いたりしていましたが、巨尻の感触があまりにも気持ちよく、段々と押し当てるようになりました。一度あまりの気持ち良さに強弱を繰り返していたら、射精してしまったこともありました。当然、苦しいくらいに脈打っている勃起棒は叔母にも伝わっているはずですが、いつも素知らぬ顔でテレビを観ているのです。もうこの頃になると「押し付け」と「擦り付け」の繰り返しです。
そんな、ある日、母と叔母がリビングで何やらヒソヒソ話をしていました。何か怪しさを感じた私は、その外出する2人のあとをこっそり追いかけました。もう夜中なのにどうやら近所の薬局屋に裏口から入っていきました。聞き耳を立てると、どうやらナプキンを購入しているみたいです。叔母を意識しだしてから、帰省の際、バックの中身は確認済みでタンポン派の叔母が今回も持参しているのを知っていた私は?でした。その後、汚物箱を確認すると剥がしたテープ部分の裏が捨ててありました。
翌日、叔母の起床を待ち、朝一番のトイレを後追しました。汚物箱の中を確認するとありました。ティッシュ・ペーパーに包まれた、ナプキンが・・・。でも真っ赤に染まってるはずの、そのナプキンには何も色が付いてないのです。まだ暖かさが残る捨てばかりナプキンの自室持ち込み、じっくり観察しました。すると、あそこの部分は、ぐっしょり濡れテカテカに光り、ネバネバしてるのです。臭いを嗅いでも無臭でしたが、触るとヌルヌルして糸を引いてます。そして覚悟を決めて舐めてみると・・・かなり塩っぱく生臭いような味がしたことを憶えています。これが私のマン汁吟味初体験なのです。叔母の大事な所を制覇できた様な達成感と満足感、愛おしい叔母の体内から出てきた大切なものです。さんざん舐め尽したあと、そっと汚物箱に返しておきました。
たぶん叔母は自分のあそこが異常に濡れるため(潮吹きかも?)、母に相談してナプキンを代用にしていたのではないのでしょか?その頃はまだ女性のあそこが濡れているのは知ってましたが、あそこからマン汁が溢れ出る・・・なんて知らないころです。
今にして思えば私の勃起棒で叔母のあそこがぐちょぐちょになっていた・・・こんな妄想をしています。

[究極]当サイトでは提供できない生動画

究極の動画って何を思い浮かべる?
変態的なプレイ?美女の過激なあえぎ?ピストンのたびに揺れる美乳?
結局行き着く先は素人系だけど…「素人ものって言ったって結局AV女優が出てるだけジャン」って醒めてる男もいると思う。
じゃあ、これはどう?

『素人女が自分の命令通りにHなことをしてくれる生動画』

[生放送中]素人女の生オナニー

みんな大好き生放送!!
ライブチャットやツーショットサイトなら音声・動画でオナニーがいつでも生放送中!!

アクセスランキング

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR

PR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。