妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小遣いの半分が避妊具代に消える程セックスした・・

高校3年になってすぐ、1年下の明美に告白され特に好きな人がいるわけでもなかったので付き合うことにした。

映画観たりご飯を食べたりゲーセンで遊んだりが僕らのデートだったが、二ヵ月も過ぎると僕は時々明美の家を訪れるようになっていた。

お母さんは娘に彼氏ができたと歓迎してくれたが、お父さんは明らかに不機嫌そうな顔をしていたので、気が重かった。
明美も察してくれてなるべくお父さんがいない時に誘ってくれて、そんな気遣いが僕には妙に嬉しかったりした。

僕たちはたいがいテーブルに並んで座りベットを背もたれにしていた。
お母さんがお茶を出してくれた時に「まぁ、仲のいいこと」と笑い「買い物に出かけるからよろしくね」と言い外出した。

家には僕たちだけになった。その日初めて僕たちはキスをした。明美の肩を抱き寄せ唇を重ねただけの軽いキスだった。
その日以来デート場所は明美の家になり、家族の目を気にしながら行為は段々とエスカレートしていった。

キスをしながら明美の胸に手を伸ばした。制服の上からだと膨らみが感じる程度だった。
もっと感じたくて知らないうちに力が入っていたようで「痛い」と叫んだ。「ゴメン」と誤りながらボタンを外し始めた。

明美はじっと僕の手元を見つめていた。上着、ベスト、ブラウスと脱がしていき、キャミソールをたくし上げてブラに到着した。
僕は再びブラの上から胸を揉んだ。揉んでいるうちにブラがずれてきて下の膨らみから段々と生のオッパイが現われてきた。

思い切って一気にブラを上にずらした。ピチピチに張った胸が現われた。
真ん中より少し下に干し葡萄のような小さな乳首がツンとして付いていた。明美は耳まで真っ赤にして俯いていた。

手を伸ばして指先が触れた途端に「ふぅっ」と鼻息を洩らして肩をびくつかせた。
明美の身体はすごく熱くなっていて僕のペニスはズボンの中で痛い位に膨張していた。なるべく優しくした
ゆっくりと撫でるように。時々指の間に乳首を挟んだりもした。

明美は時々「ふんっ」とか「うっん」とか鼻を鳴らしたが我慢してるのか声は出さなかった。
次にスカートの上から盛り上がり辺りに手をやった。明美はハッとした様子で顔を上げたけど嫌がるふうでもなく、僕の背中に手を回して抱きついてきた。

スカートの中に手を差し入れた。パンツの生地が触れるが熱が籠もっているためか少し湿気を帯びてるようだった。
パンツの上から触るなんてもう考えていなかった。僕は早く女性のアノ部分を触りたくて、いきなり手を入れた。

明美の体が強ばった。まだ女性のアノ部分がどうなっているのか知らないまま手を滑り込ませてゆくと、ゴワッとしたヘアーが触れた。
更に進めると一瞬硬い所がありそこを過ぎると急に柔らかいグニャッとしたものに包まれた。指がめり込みヌルヌルしていた。

その時明美はブルブルッと小さく身震いした。どうしたら気持ちがいいのか分からなかったがとにかく痛くないよう力を入れずに指を動かした。
明美は僕の背中にまわしていた手が段々腰まで下がりアゴを胸につけて目を閉じていた。

22歳の年上バージン彼女とエッチ

俺は今大学1年生で、サークルで知り合った、3つ年上の3年生(彼女は1浪してる。)のCと言う女性とつき合っている。

 Cは168cmの長身で、とても大人な感じの女性なので、俺は友達に、「どうしてCが年下で163cmしかないチビなおまえとつき合っているのか不思議だ」といつも言われている。

 俺は、つきあって1ヶ月ぐらいした3回目のデートの帰り、思い切ってCをラブホに誘った。

 彼女は、そんな事は慣れているといった風で、別に何の驚きも無い様子だった。
 俺たちは部屋を選び中に入った。俺は、ドアを閉めると、いきなりCを抱き寄せディープキスをした。彼女とはそれまで何度もキスをしていたのだが、いつも上手いものだと感心させられていた。

彼の若い肉棒につかれて私は絶頂を迎えました

この間遠距離恋愛中の年下の彼とホテルでエッチした時。
彼の失態で私は怒っていた。

エッチなんかしない。と思っていたけど、彼のしょんぼりした顔みると可愛くてついつい、、
彼が私をベッドに押し倒し
「ああ、ずっとこうしたかった・・・。」と抱きついてきた。
「待って、スーツ皺つくから・・」と私がうろたえると「どうせすぐ脱 がせてあげるから・・・。
スーツ姿がたまらない。」ともうハァハァしてる様子。
可愛すぎ。

ジャケットの中からキャミをたくしあげて胸をもんできた。
手前に は大きな鏡があってなんか照れた。乱れた衣服の自分をみて興奮してしまって・・。

「あぁ・・おっぱい大きい・・おっきい・・」と胸をもんできた。
「ダメよ・・。」とかいいながら私も・・・。
サラサラの髪に細いフレームのメガネ。
顔は幼いのに体は大きくて、手が長くて綺麗・・。
白いシャツが似合って、細い一重の瞳がまたなんともいえない。
ストイックな印象なのに、実はすごいエッチ好きなとことか。
たまらない。

エッチー、変態、こんな人だと思わなかった・・

スキーから帰った次の日、チエは朝から遊びにきた。
俺の両親は共稼ぎ、俺は一人っ子。だから家には俺1人。
俺は、自分の部屋に招き入れた。
今日は、セーターにスカート姿だ。
チエはベッドに座り、俺は椅子に座った。
何か飲み物をと思い、部屋から出ていこうとすると、
「何もいらない、ここに居て」と、俺の目を見て言った。
俺は、カーテンを閉めると、チエの隣に座った。
そして、抱き合ってキスをした。

俺は、右手をセーターの中に入れた。
そして、ブラジャーを外そうとすると、
チエ「待って…、私、急にこういうことになって戸惑いも有るんだけど、
○見君とセックスすることは良いの。でも、知らないことが多くて。
恥ずかしいけど、今、頭の中は、あのことでイッパイなの。」

幼馴染でセフレとの思い出を語る

まあまずはスペックから

身長170
顔はかなーりのフツメン
以上
Aちゃん
身長多分150くらいの小さめのほんの少しぽっちゃり系統
顔は中の上ってとこ
巨乳
顔は黒木瞳を童顔にして150センチに圧縮した感じww大雑把www
今はボブだけどロングのときのが数倍可愛かったと俺は思う。
時は俺が小学生高学年の時まで遡る
Aは幼稚園からの同級生で、俺と同じとあるクラブに入っていた。
あるときからその子Aのことが気になり始めた。
その理由とは、彼女の胸が大きかったからだw

とはいうものの、この時は周りの女の子に比べて、という感じ(本
人曰く当時Cカップとのこと
そんな状態でやきもきしながら中学時代まで普通の友達だった
男なら誰でもそうだとは思うが、厨房などただのエロガキである。
おっぱいからその子が気になるなんて今では馬鹿だとは思います
が、当時のガキンチョじゃしょうがないですw
中学生のとある日に、その子と連絡を取りたいと思い(下心から)、
思い切ってメールをしましたw
がしかし、メルアドが変わっていてメールが返って来てしまいました
ここで何を思ったか俺は
「電話番号は変わって無いだろう!」
と思いつき、Aにさっそく電話しました
内心ビクビクして心臓バクバクでしたw

アクセスランキング

[18禁] エクスタシークラブ

忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。