妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さん大丈夫だからね~

昔、先輩の借金の取立てについて回った事があってそんとき、S(シャブって呼んでたけどね)の力をマジマジ見たことある。
ある男がSでおかしくなりかけてて、当然、仕事もできないのにS打ってるから、借金あってね先輩が、「嫁(とにかく可愛い)にS教えろ、そしたら借金チャラにしてやる。
包みやるから」って言って。
「ロ-ションに塗りこめ」とか「がーっと打っちまえ」って必死に、ポン中そそのかしてる。先輩も何だか滑稽に見えて、俺ら後輩も影で笑ってたけれどね。
でも、おっかない人だったから、一緒に、その旦那はやし立ててた

それから、何度か確認して○実がSに慣れてきたの分かってから、金の取立てにいったんだけどね。
三人で行って彼女と顔見知りの後輩に玄関空けさして、家に入り込んでねまず、金返せって、滅茶苦茶言ってね先輩はもう、完全に○実目当てなのわかってたから、なんだかえらい、異常なくらいきつい取立てでね。彼女が「子どもも寝てますから」って土下座しながら謝った瞬間、とびかかったもんだから、俺らも慌てて、女押さえ込んでS打ったよ。その後は悲惨だった。

一人が女のスカートをめくり上げショーツを下ろすと…

薄暗いビルの影、不良たちの溜まり場に大きなマスクで口を隠した女が現れる。
「わたし、キレイ?」
一瞬、怪訝な顔をした不良たちだが、そのうちの一人が女に近寄っていく。
「あん?んなマスクして分かるかよばーか」
「・・・そう、それじゃ」
そう言いかけマスクを外そうとする女の腕は、近寄ってきた不良に掴まれて動けなくなった。
「んな事よりよぉ。一発ヤラせろや!」
「いやっ!やめてっ!!」
「うっせんだよ!!殺すぞテメェ!!」
地面に押し倒され四つん這いの状態で不良たちに抑え付けられる。
一人が女のスカートをめくり上げショーツを下ろすと、白桃のような尻の割れ目の奥、薄い痴毛をまとったピンクのクレバスがさらけ出された。
不良たちはまだ濡れてもいないピンクの割れ目や尻穴に肉棒を無理矢理挿し入れ、次々と白濁液を吐き出していく。
「なんだコイツ?デケェ口してやがるぜ」
一人がマスクを剥ぎ取り、嘲るように女の顔を上に向けさせる。
「何本入るかやってみるか?」「写メ撮ろうぜ、写メ!」
後ろから貫かれながら、ザーメンと恥垢と自らの体液が混じった肉棒を何本も咥えさせられ、その姿をカメラに収められる屈辱と涙に女の顔が歪んでいた。
満足した不良たちが居なくなった後、女はよろよろと立ち上がるとビルの谷間の風に吸い込まれるように溶けて消えていった。
それ以降、この街ではあの伝説は噂すらもなくなってしまった。「口裂け女」の伝説が・・・。

無実の浮気がバレてから彼氏のいいなりです…

私は、無実の浮気がバレてから彼氏いいなりです…
運転中の車の中でフェラをさせられ、早く出させないと少しずつ脱がされていきます。
知り合いに見られたらどうしようかと思うとその時はもう早くださせないとと思い何も考えられません。
信号待ちが1番怖くて写メなんてとられたら私の知らないところで一生残ります。
抵抗すればファミレスや、デパートのフードコートに食事をとりに行くときに下着を付けさせて貰えません。
女性から見たらおっぱいの垂れ具合で下着を付けてないのはすぐわかります。
先日の夜、いつもの様に車の中で裸にされフェラをしているところを、とうとう知らない人に写メ?デジカメ?で撮られてしまったと思います。
彼氏はフェラを止めさせてくれませんでした、何もないように私の口の中に出し、最後に『何枚も写メ撮られてたよ』って…
私にもかすかに外が数回光った感じはあったので間違いないのかな?と思います。
誰に撮られたのか、顔まで写っているのか、何か言ってこられたらどうしたらいいのか…
もう毎日が本当に怖くてしょうがないです。

私は全身を愛撫されて腰に力が入らなくなり…

どうも、幽霊にまで貧乳呼ばわりされた某女です。
私、山登りだけじゃなくて、基本、アウトドア好きじゃないですか。え?知らないとか言わないでくださいよ。
あの後、なんとなく山登りは敬遠気味になって、でも体を動かしたいものでサイクリングを始めたんです。
折りたためるクロスバイクとかいう自転車を買って、遠くの街まで電車に乗って出かけて、そこから海岸線や峠を越えてさらに隣の街まで、なんてすごーく気持ちが良いんですよ。
そんなある日、晴天に恵まれたその日はついつい調子にのって山を二つ越えての大移動をやっちゃったんです。
でも、さすがに最後の方になると陽も暮れて、車も通らなくなった真っ暗な山道を一人で自転車を走らせていました。
そして、あるトンネルを通り抜けようとした時でした。
「いたっ!!」
自転車のヘッドライトだけが頼りのそのトンネルの中で、いきなり何かがぶつかって・・・いえ、何か平手のようなものに叩かれた感じでした。
「いた!いたたたたたっ!!」
ばしばしばしっと背中や腕を見えない何かに叩かれ続けて、このトンネルから逃げようとペダルを漕いで走り続けました。
「痛い!いた、ひゃうぅん!」
必死になって前傾姿勢でお尻を持ち上げてペダルを漕いでいた私は、その・・・お股の間の敏感なところを叩かれてつい変な声を上げてしまったんです。
それと同時に今まで私の体を叩き続けていた平手打ちが止んで、真っ暗なトンネルは不気味な静寂に包まれたのでした。
こんな気持ちの悪いところは早く逃げ出そうとまたペダルを漕ぐ足に力を入れたとき・・・
「ひぁぁぁ!?」
今度は私の脇腹や太股を平手打ちではなく撫でるように何かが触っていったのです。

私の胸を触って『・・・無い』って・・・

それは不思議は出来事でした・・・
あるサークルでの何度目かの雪山登山で吹雪に出会い、私だけが仲間からはぐれてしまったのです。
運が良かったのはもしものための小型無線機で連絡がついたことと、昨夜ビバークした山小屋からそれほど離れていなかったこと。
本隊は吹雪が止むまでテントで待機するらしく、女一人とはいえ山小屋の方が寒さを避けられるのが羨ましいと励ましてくれた。
夕闇が迫る中、私は昨夜の温もりが残る山小屋に入り、囲炉裏で薪を焚き、雪を沸かしたお湯と手持ちの食料を少しだけ食べて静かに吹雪が止むのを待っていました。
時計が深夜を示した頃、囲炉裏のそばで膝を抱えて独り、寝入ってしまわないように揺らめく火を見つめていると、どこからかズルリズルリと何かが動く気配が・・・。
怖くなった私は部屋の隅に逃げ込みガタガタと震えていました。
『・・い・・・さ・・・い・・・さむい・・・』
冷たい這うような声が耳に届いたとき、私は昨夜のことを思い出したのです。
誰かが言っていた恐ろしい話、この小屋で昔遭難した人が亡くなったと言う事を。
4人の男性が遭難し救助を待つ間、寒さと眠気を避けるためにある有名な話を実行していたようなのだと。
小屋の四つの角に一人づつ座り、次の角の人を起こして入れ替わり順番に回っていく「山小屋の四つ角」。

アクセスランキング

[18禁] エクスタシークラブ

忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。