妄想で抜けそうなエロ体験談ブログ更新状況

いつもお世話になっています、相互リンク様更新状況

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

ペロペロ催眠 アダルトオンラインゲーム アダルトゲームって基本的には無料で楽しめないって思ってしまうのが普通。
音声・動画とか入っちゃう本格的なエロゲなんて、金ないし無理…って思ってるならDMMのエロゲを始めるべし
音声・エッチな動画・リアルなアクションが全部そろって¥0!!
しかも一回登録しておけばたくさんのエロゲが一括・無料で遊べるゾ!!

大量のエロゲ(動画・音声アリ)がなんと『無料』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オナニーしてもこんなに濡れたことないからちょっとびっくり

女子○2年生のマユです。
2年で同じクラスになったユカが大好きなんだけど、彼女がその気があるの
か分かんないんで
ヤキモキするばかりでした。

長くて綺麗な髪に普段から涙目のウルウルした瞳。
しゃべれば明るいんだけど、黙ってればどっかのお嬢さんみたい。
あたしにレズっ気があるのがばれないように、ちょっとずつ慎重に距離を縮
めてきたの。

最初は「ユカの髪、綺麗だね」とか言って髪を触ったりして、仲良くなると
「きゃー」とか
言って抱きついたり・・・。
ちょっとずつ免疫ができてきたのか、ユカも気にしなくなっちゃった。(^O^)

チアリーダーの合宿の凄いこと

高校からしてたチアリーダを大学に入ってからサークルに入りました。

そこでは、毎年夏の合宿があるんです。3泊です。

まず最初の2日間は、合同で連携の練習をします。

3日目は、4年生の人が最後になるので1〜3年生で演技を披露します。

(当時でメンバーは、約20人弱だったと思います)

夕食の前に演技を披露して夕食→風呂(大風呂)です。

最後の夕食が凄いんです、お酒は禁止なんですが、最後の日は、

先輩が(夏の大会で)引退するので暗黙の了解でお酒をみんなで飲むんです。

ここで恒例なのが女同士なのに王様ゲームがあるんです。

4年生が一人1回王様になれるルールなんです。

みんなお酒が入ってるから凄いことになりました。

4年生は、5人いました。

最初の人が命令します。

まず、最初にだされたのが1年生。

一年生は、中央に集められまた割りができるようになってるかチェックでした。

おねーちゃーん ダメ! あん あん あん イクウ!!

5年前の話
俺が高2になった頃東京の郊外に住んでいたの母方の祖父が亡くなった。
葬式には久しぶりに母方のイトコが全員集合した。
母は5人きょうだいの末っ子だったのでイトコも大勢いてしかも年齢層も幅広い。
その当時、俺と妹(中3)を含めて10人いる従兄弟は上は30歳くらいから下は中2までいたはず。

葬式が終わった夜、奥座敷で男の従兄弟達で酒盛りになった(俺が男の中では最年少)。
真面目?な高校生だった俺は飲み慣れないビールを少し飲んだだけで一気に睡魔が襲ってきた。
従兄弟達に「高校生はもう寝ろw」と促されて別棟で今日のために掃除された古い家に行かされた
そこは葬式のための寝室として使うように布団が敷いてあった。

うとうとしていると襖一枚で仕切られた隣室に誰かが入ってくる気配、そして電気がついた。
「お姉ちゃん、明日久しぶりに○○とかに連れてってくれない?」
妹のA子の声、妹がお姉ちゃんという相手はここに住む従姉妹で都立高2年のE美のはず。
俺から見るとA子はまあ少し可愛らしい顔つきではあるがすこし頬が赤くていかにも田舎娘、それに対しE美は色白
な上ナチュラルメイクで洗練されていて都会っ子っぽい。何故かこの二人は昔から妙に気が合っていた。
「うん、A子いいわよ、キャミとか見に行こうか」
田舎から久しぶりに都会に出てきた妹は不謹慎だが葬式よりも東京で買い物出来る事が楽しみでしょうがなかった
ようだ。しばらく女の子同士でどこで何買おうみたいな話しが続いていた。

「ところでA子、W君(俺の事)どうしてる?」
「お兄ちゃんならKさん達とかみんなでお酒飲んでるよ、未成年なのにねえww」
俺が隣りで寝ているなんて全く考慮に入っていないようだった。
「W君て彼女いるのかなあ」

「えー確か今はいないはずだよ、なに、お姉ちゃん気になるの?www」
E美が俺の事を気にしている、妙に胸が高鳴った。
E美は女性にしては背が高い(170cm近くあった)、胸は大きくなく全体的にスレンダーだ。脚線はモデル並み、
スラッと長い脚、そして足首がきゅっと締まっている。ただ顔は丸っこくてかわいい系、その辺が妙にミスマッチ。
俺好みではあるw。

女の人にマワされちゃってレズに目覚めた私

女の人にまわされちゃった話だけれど良いのかな? もしダメだったらごめんなさい。

私が20の時だったんだけれど、当時付き合っていた彼が二股してたのが判って、あげくに「どっちかなんて選べない」なんて言われたんですよ。

こっちも初めての相手だったし、好きだったしで諦められなくて何度も泣いて、必死になって、そうしたら彼はどんどん私から離れていきました。彼とまったく連絡取れなくなり、自暴自棄になりました。

その日、私はベロベロに酔っていて近くの席に座っていたグループに酔った勢いで乱入していました。記憶があやふやなんですが、男の人ばかりのグループで多分私、だらしなくしなだれかかったりしていました。

それで持て囃されるのが気持ちよかった感じを覚えています。捨てられたとぐちゃぐちゃになった気持ちが、それで私にもまだ魅力はあるんだからって一時的にでも慰められるような感じでした。

シャワー浣腸

以前、シャワー浣腸を投稿した優菜です。
シャワー浣腸にはまってからシャワー浣腸を教えてくれた友人の綾とはシャワー浣腸の話でもちきりでした。
会えば一回はシャワー浣腸の話をするくらいです。
綾はうんちの出る快感よりもお尻に水が入ってくる時の快感が好きだといつも言ってました。
私もまんざらでもなくお尻に水の入ってくる快感は好きでした。
ある日普段どおり学校で綾とシャワー浣腸について話していると綾が私の耳元で言いました。
「今朝してきたんだ」
してきた……シャワー浣腸のことです。
その頃はもうシャワー浣腸をすることなんて当たり前の様な事だったので、私は
「朝からよくばれなかったね」
と言いました。
「だって私朝絶対にシャワーかかってから学校行くから」
「違う。出す時の話。親に音とか聞かれなかったの?」
すると綾はまた私の耳元で
「だしてないもん」
と囁きました。
私は
「え?」
と驚いて聞き返しました。
すると綾は
「今日は学校でするって決めたの」
「学校で??」
「うん」
「それはやばくない?」
「大丈夫!」
と綾は自信たっぷりに言いました。
私は何が大丈夫なのやらと綾のテンションについて行けず
「ならいいけど」
とだけ言いました。
綾は
「明日、優菜もしてみたら?」
と返事しました。
「それは無理」
「どうして?」
「ばれたら嫌じゃない」
「ばれないよ」
「どうして?」
「放課後にすればいいじゃん」
あ、そうか!なんて思って思い直しました。
「そんなんばれちゃう可能性もあるじゃない」
「そんなにないよ」
私はその話題をそらしたかったので
「それよりお腹痛くないの?」
と綾に聞きました。
少し顔をしかめて
「痛いけど我慢できる」
と言いました。
どうしてそこまで我慢するのやら……。
「我慢はよくないよ」
と私が言った所でチャイムが鳴ったので席に戻りました。

アクセスランキング

[18禁] エクスタシークラブ

忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

ヌけるゼ!!この無料エロゲ

ついにエロゲも無料の時代へ!!
ヌクだけなら十分すぎるクオリティのエロゲがなんと無料!!とにかくヌキ過ぎ注意!!
忘却のプリンセス アダルトオンラインゲーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。